R-30

妻はバブリーに海外旅行、夫はひとりカップ麺…【高収入妻との格差婚の現実】

長引く不況で年々増加傾向にある共働き世帯だが、家計や待遇面をめぐってさまざまな格差が生まれ、争いが絶えない。独身世帯よりも裕福なはずの彼らがカネで揉めてしまう理由とは?

◆バブリーな妻を尻目に夫はひとりカップ麺をすする

<年収>夫450万円/妻900万円

家庭内格差問題 わかりやすい“家庭内格差問題”として「妻のほうが給料が高い」というケースがある。会計士の妻に、ヒラリーマンの夫――。そんな年収は約2倍の“格差婚”状態にある村瀬博之さん(仮名・34歳)。夫婦の家計は別口座で、「生活費は折半」と一見したところ金銭面では弛そうに見えるが現実は……。

「折半といっても、同棲時代からの“男が多く支払う”の名残でバランスがおかしい……。僕が独身時代に買ったマンションのローン返済に、光熱費や通信費。それなのに妻は食費や雑費のみ」

 妻の貯金額はまったく把握しておらず、結婚時に「これ住宅ローンの足しにして」と300万円渡されたことから、相当持っていると村瀬氏は踏んでいる。

「実家まで新幹線指定席で頻繁に帰るし、急に子供を連れて海外旅行に行くなど、使い方は結構バブリーです。置いていかれた僕は家でひとりポツーンとカップラーメンすすってますよ(苦笑)」

 さらに、「“出産で女は変わる”効果で、家計の締め付けはより厳しさを増していった」と語る。

「一昨年に長男、今年長女が生まれ、生命保険・学資保険を合わせ僕の支払いに月5万円分追加されました。妻が払わない理由は『私は育休中で収入が減っているから、払えるほうが払う』です。確かに育児休業給付金で半分ぐらいに減っているけど……」

 飲み代の捻出も難しくなったことで、村瀬さんは奥さんに現在30万円ほど借金中。そして愚痴をこぼせば猛反論も……。

「『あんたみたいな計画性のないダメ人間を、管理しているコッチが疲れる!』など罵詈雑言の数々。実際その通りだから反論できず、怒りをなだめることしかできなくて」

 来春から妻が職場復帰することで、家計は安定するが家庭内パワーバランスがさらに妻側に傾くことに戦々恐々としている。

LINE

問題のLINEのやりとり。村瀬さんは常に謝り続けている

「この前、実家帰省中の妻から『夫婦が一緒に住む理由って何だろね?』とLINEのメッセージが届き顔面蒼白……。離婚されたくないから、もう僕は妻の才能や努力を認め、しっかりサポートする人生を送っていこうかと思っています」

 受け入れるかは奥さん次第だ。

<夫婦カウンセラー・木村泰之氏の視点>
そもそも、なぜ高収入の奥さんが結婚したかといえば、夫が「私の周りにいないタイプ」だったから。収入で勝負するのではなく、妻ができない他のことで夫を務める工夫が必要です

【木村泰之氏】
夫婦カウンセラー。一般社団法人「夫婦問題レスキュー隊」代表理事。累計2万人以上の相談者にアドバイスを送る一方、夫婦カウンセラー養成塾「木村塾」を開講

― [共働き夫婦のマネー格差]実態ルポ【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事