R-30

夫婦で年収2000万円超でも破綻の危機「1円でもいいから貯金したい」

長引く不況で年々増加傾向にある共働き世帯だが、家計や待遇面をめぐってさまざまな格差が生まれ、争いが絶えない。独身世帯よりも裕福なはずの彼らがカネで揉めてしまう理由とは?

◆表向きはリッチ婚。実態は高燃費を強いられる日々

<年収>夫1000万円/妻1100万円

表向きはリッチ婚。実態は高燃費を強いられる日々 高所得者同士が結婚、そのまま共働きともなれば、リッチなDINKS生活は約束されたも同然……かと思えばそうは問屋が卸さない。フリーの空間デザイナーとして、一時は年収2000万円を稼いでいた梶田雄一さん(仮名・41歳)。3年間の交際を経て、5歳年下の彼女と3年前に結婚。奥さんは誰もが知る大企業に勤めている。

「独身時代、羽振りが良かったこともあって、連休ごとにバリ、ハワイと僕のカネで旅行三昧でした。プロポーズの言葉も『二人でリッチな40代を満喫しよう』でしたが、贅沢の味に慣れたんでしょうね。最近は収入が落ちてきたにもかかわらず、昔と同じような生活レベルを要求してくるんです」

「会社までタクシーでワンメーターの距離がいい」という奥さんの要望で住んでいる湾岸タワーマンションの家賃は諸経費込みで月25万円。家賃を含めた固定費は、すべて梶田さんが捻出している。

家

所沢に実家のある梶田さんは引っ越しを提案したこともあるが、「会社から遠すぎる」と奥さんに一蹴されたという

「女のコと飲み会をしたことが発覚しただけで、キーロックをかけられ1週間近くカプセルホテル暮らしを強いられたこともありました。ヘトヘトになって土下座で許しを請うたら、『10万円で許してあげる』と。面倒だから払いましたよ、キャッシュで!」

 また、セレブ友人が多い奥さんは、夫の見た目も気にする。

「嫁の友人のパーティに行くとき、『ダメだよ、その服、前も着ていったじゃん』と『バーニーズ・ニューヨーク』に連れていかれ、総額30万円近いシャツとジャケットを買わされました。断ればいいのですが、稼ぎが減っていることを知られたくなくて……」

「いまの望みは1円でもいいから貯金をすること」と切実に語る梶田さん。見栄を張り続けないと破綻する夫婦生活の闇は深い。

亀山早苗氏

亀山早苗氏

<亀山早苗氏の視点>
セレブ夫人同士のオシャレ合戦に巻き込まれた典型例。この手の『デスパレートな妻』型の女性につける薬はないので、自営の特権を生かして、働いて隠し財産を作るしか道はないですね

【亀山早苗氏】
男女のパートナーシップに詳しい著書多数のフリーライター。特に既婚男女の恋愛問題からみる社会状況の分析に定評。近著に『最後の恋に彷徨う男たち』(双葉社)

取材・文/SPA!夫婦の格差取材班 イラスト/テラムラリョウ
― [共働き夫婦のマネー格差]実態ルポ【7】 ―

「最後の恋」に彷徨う男たち

恋をしたい大人の男たちが増えている!




おすすめ記事