エンタメ

話す言葉は津軽弁! 青森から生まれた“農業活性化アイドル”「りんご娘」

りんご娘青森県弘前市を“面白い情熱的な街”にしようと’00年に発足した「弘前アクターズスクールプロジェクト」から生まれたりんご娘。地元のテレビやラジオ、CMのほか、特産品PRイベントでも活躍中だ。

「青森は今、りんごの収穫最盛期ですが、風評被害により輸出向けのりんごなどかなり打撃を受けています。りんご娘として、全国の皆さんに青森に足を運んでいただいたり、スーパーなどで青森のりんごを手に取ってもらえるようPRしていきたいです」(とき)

「なも、めぇ青森のりんごっこ、食ってけへ(あなたもおいしい青森のりんご、食べてね)」(ジョナゴールド)

【りんご娘】
コンセプトは「クール&カントリー」。話す言葉は津軽弁なのが特徴。「今後の目標は、地方アイドルナンバーワン決定イベント『U.M.Uアワード』で優勝することと紅白歌合戦に出場し、青森のみなさんに喜んでもらうことです」(金星)、「ぜひ青森にいらしてください。食べごろのりんごの品種説明から名所や旧跡の案内もします!」(レットゴールド)。写真上から、ジョナゴールド(19)、レットゴールド(21)、とき(13)、金星(16)。http://www.ringomusume.com/

― ブレイク寸前!? ローカルアイドル図鑑【3】 ―




おすすめ記事