恋愛・結婚

恋愛の夢も希望もしぼむ“R指定”の授業

『結婚は4人目以降で決めよ』(毎日新聞社)

早稲田大学の超人気授業「恋愛学」を受講体験!

 SPA!6/7号で「超ブサイクに惚れちゃった女の理由」という特集内のコラムでご登場頂いた早稲田大学・森川友義教授の「恋愛学」という授業が、今日本でもっともアツい授業と話題! 5月23日にはオリエンタルラジオの藤森慎吾もゲスト登壇したことでさまざまなニュースに取り上げられました。なにせ、1000人希望して、その半分しか受講できないくらい人気なのだとか。記者も前から興味があったのですが、なんと取材の名目で受講のチャンスが!

 早稲田大学に足を踏み入れるのは、大学受験の時以来。自分(34歳!)なんかが構内にいて浮きやしないだろうか? という不安は杞憂でした。まるでコンサートや演劇でもできそうな、500人は収容できる大教室。今からこの場所ですごく面白いステージが始まるかのような、場内の活気にまず圧倒!!


 「恋愛学」は日本で唯一の恋愛に特化した専門の学問。恋愛市場における恋愛のメカニズムや、より実践的なモテ術などが学べるようです。なんと、「恋愛学」という言葉は登録商標済み! しかも森川教授はもともと政治学のご専門。なぜ政治学の先生が恋愛学を研究するのかというと、両者とも「人間の意思決定」の研究である点が共通するからなのだとか。

 モグリで受講する生徒を含め500人を超える大人数を相手に、マイクを持って森川教授が檀上の中央に立ち、約1時間半の授業がスタート。

「この授業は、恋愛に対して夢も希望も幻想もしぼむ、R指定の授業です」

 その一言で教室内がドッと大爆笑。つかみはOK。それからはスクリーンに映し出された要点テキストをもとに森川教授が解説。そして次々と生徒に突っ込みを入れていく。授業という枠を超えた、ライブのようなエンタメ感の漂う授業で、生徒たちもみんな楽しそう。自分が大学生の時、こんな授業があったらもっと大学に行っていたのにな~……と遠い目(笑)。

 この日の授業から学んだ結論は、「男は顔じゃない。確実性を伴った将来性が大事」だということ。詳しくは、この日の授業のエッセンスを掲載したSPA!6/7号(5/31発売)をぜひご覧あれ!

 ちなみにこの日のゲスト(大学の授業にゲストってのがまた新鮮ですが)は2003年度ミス日本の相沢礼子さん。和服も似合いそうな大和撫子風美女で、森川教授も心なしかデレデレ(!?)

 恋愛学の教授だけに、森川教授もマオカラーが似合うダンディーなシブメンでした。そんな森川教授は6月6日オンエアの『5時に夢中!』(東京MXテレビ)に出演予定です。特に恋愛ベタの皆さんは必見!!


『結婚は4人目以降で決めよ』(毎日新聞社)


文/奈良岡崇子

ハッシュタグ




おすすめ記事
この記者は、他にもこんな記事を書いています