雑学

「増毛・植毛」治療で起こりうるリスク。感染症にかかることも

自分を変えたい。環境を変えたい。目標を立て、一念発起して挑戦。一時は成果を挙げたと思ったものの、続かなかったり、「何かが違う!」という事態に陥ることも。一体、何がダメだったのか、人々の声を紹介する

◆治療法を見極めなければ感染症にかかることも!<増毛・植毛>

増毛・植毛 薄毛をカバーする方法は数多くある。まず、自毛に人工毛を縛り、髪が増えたように見せられる増毛。ただ、自毛への負担が大きく長期的には向かない。そして植毛は人工毛と自毛に大きく分かれ、特に前者で痛い目に遭う人が多いとか。

 人工毛植毛しても約1年で抜けるため、8年間半年ごとに繰り返した木村和則さん(仮名・50代)は、しまいには頭皮が赤くただれることに。人工毛植毛は頭皮に感染と炎症を起こすリスクがある。

 今注目されているのが、日本皮膚科学会が’10年に作成した男性型脱毛症診療ガイドラインで、高評価を得ている「自毛植毛」だ。「これは後頭部などの毛髪を薄くなった部位へ毛根ごと移植するもの。移植後の毛髪は一生成長します」と教えてくれたのは、紀尾井町クリニックの柳生邦良院長。

「ただ、医師によって結果に差が出るのが現状。細胞を扱うため、スピードや温度、湿度など、細かな技が求められ、何よりも経験がモノをいいます。モニターの写真を多く掲出するクリニックほど、実績があると考えていいと思います」

― [劇的変化]に失敗した人々からの伝言 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事