恋愛・結婚

女性にウザがられる「意識高い系オヤジ」。飲み会すらも自分をプロデュースする場所に

「意識高い系オヤジ」の飲み会「意識高い系」。もとは「自己研鑚に勤しむ人」を指すはずが、いつしか「大言壮語の割には実績が伴わない人」を揶揄するスラングとして定着してきたようだ。いい年した親父の中にも、この「意識高い系」は多い。

「おそらく私のことを不倫相手として狙っていると思いますが、もう会いたくありません」とそんな「意識高い系オヤジ」との遭遇を語ってくれたのは大谷利恵さん(仮名・32歳)。彼女が忌み嫌うのが、「朝活」や「アドラー心理学」、「アンガーマネジメント」などのセミナーに出まくっているという現在無職の妻帯者。どうやら、コンサル・著述業で一発狙うつもりらしい。

「怪しげな心理カウンセラーの資格を持っていて、ブログで女性を口説くテクニックを語っているのが気持ち悪い。私のほかにも、手を出している女性がいると思います。あと江戸しぐさ信者なのもキモい」

 また、上記のオヤジとは別の某一流大学OBのオヤジは「SNSでのセルフプロデュース」などを提唱し、飲み会すらも自分をプロデュースする場所にしている。利恵さんによる飲み会の流れは以下のとおり。

・飲み会開始~30分
 うざいくらいの謙虚と社交辞令でスタート

・30分~1時間
 不満・愚痴にシフト(「世界に比べて日本は~」などやたら規模がでかい)

・1時間~1時間半
 自分がいかに努力し、稼ぎに見合った仕事をしているかを自慢(「俺は嫌われてもいい」と前置きし、反感を買うのをわかっているけどあえて言う俺、というスタンス)

・1時間半~2時間
 部下や後輩を褒めたたえる(ただし、育てたのは俺というオチ)

・2時間~2時間半
「いろいろ大変ですがお互い頑張ってやっていきましょう!」と乾杯して解散

 オヤジからは「今度お茶でも」というメールがフェイスブック経由で来るが、無視しているという。

※7/28発売の週刊SPA!では「[意識高い系オヤジ]の言動は回りくどい性欲である」という特集を掲載中。
<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!8/4号(7/28発売)

表紙の人/進撃の巨人

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事