雑学

「ダサい」から脱するにはまず靴から。次に「カジュアル」をやめよう

誰でも簡単に、お金をかけず実践できるおしゃれの法則を導き出し、初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』でその法則を惜しみなく披露したメンズファッションバイヤーのMB氏。今回、お互いそのロジックにシンパシーを感じるという、『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜたかおしゃれに見える』の著者で女性スタイリストの山本あきこ氏と対談。「おしゃれ」だけでなく女性目線で「モテる服」にも着目した。

やはり男は「先端」が大事

ファッションバイヤーMB氏とスタイリスト山本あきこ氏

(左)ファッションバイヤーMB氏 (右)スタイリスト山本あきこ氏

山本:パーソナルスタイリングでたまに男性の方もスタイリングさせていただくんですが、一番変えるべきだと思うのは靴なんです。

MB:服のコーディネートはやっぱり足元からですよね。

山本:MBさんも本で「先端が大事」「ボトムスから整えよう」とおっしゃっていましたが、男性の場合はとくに靴でイメージが随分と変わりますよね。

MB:そうなんです。休日はたいてい皆さんスニーカーなので。

山本:普段はスーツを着てるのに、休日いきなりスニーカーっていうのが……履き慣れない感もあって。

MB:革靴を街着として履く習慣がないので、「革靴=ビジネス」だと思い込んでいる人は多いですね。スニーカーも細みなら合わせやすいのですが。

山本:ちょっと走れそうな?

MB:そう。黒のスキニーにナイキのエアマックスなら大人でも大丈夫です。

山本:そうですね。『最速でおしゃれに見せる方法』では、黒のコンバースのハイカットをお勧めしてたと思うんですが、私は女性にコンバースの白をお勧めしているんですよ。

MB:同じでびっくりしました。コンバースってすごいいい形。細身だし底も薄くて、シャープでドレスっぽく使えるんです。

黒のコンバースハイカット

黒のコンバースハイカット。左足のように丸紐に替えるとよりドレスな印象に

山本:これからの季節なら、スエードのシューズもぐっときます。もちろん黒のスエードを投入してもいいし、重たくしたくないときにネイビーもいい。ネイビーに黒、茶色とかをうまく組み合わせていくと素敵だなって。

MB:大人っぽい合わせ方ですね。

山本:男性の「ネイビー×黒」ってイイと思うんですよ! MBさんが提唱されている「黒×黒」の変化球で、ネイビーの「Vニット×黒スキニー」にするとか。ネイビーだと雰囲気が柔らかくなりますよね。ネイビーは本当に万能でいい感じの知的さやクリーンさ、きれいさもあるし、ぜひ男性に着てほしい。

山本あきこ氏

『いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える』がロングセラーに

男も「ドレス」が必要である

MB:きれいめ要素は必要ですよね。日本ではアメカジの影響を受けすぎて、きれいめのスタイルが本当に少ない。でも日本人って童顔だし体型もあまりきれいじゃないので、カジュアルに寄りすぎると子供っぽく見える。だからドレスとカジュアルのバランスを「7:3」、もしくはドレスアイテムを一つでも、二つでいいから入れるべきだと提唱しています。

山本:私もデニムはカジュアルで使うのではなく「きれいめのためにある」と思っています。たとえば、男性の場合も、今までのパーカーにデニムのスタイルでも、パーカーをジャケットにするだけでも雰囲気が変わる。一点きれいなものを入れるだけで印象が変わるし、女性のウケもいいと思うんです。

MB:そうなんですよ!

山本:だから、男性を見ていていつも思うのですが、カジュアル要員というか、いつ買ったのか忘れたようなカーゴパンツは、もうやめたほうがいいのではと。男性ってカーゴパンツをたくさん持ってませんか?

MB:持ってますね。使い方次第ではあるんですけど、カジュアルアイテムなので、全体のバランスを整えないと失敗するケースが多いアイテムなんですよね。一回見直したほうがいいと思います。

山本:ポケットいっぱいとか、ダボッとしたふくらはぎ丈とか半端な丈はとくにダメ。日曜日のお父さんみたいになっちゃう。

MB:もう少し細くて長かったらアンクル丈でも格好いいし、逆に短かったらショーツでいいんですけどね。でも市場には半端な丈がすごく多いんですよ。

山本:確かに。お客さんを見てると、ショーツだと頑張ってる感が出て恥ずかしいと思っちゃうみたい。半端さがちょっと変わっておしゃれに見えてつい買ってしまうんですかね?

MB:人はいちいち「うわ、頑張ってる!」とか思わないですよね。気にしているのは自分だけで。「無地恐怖症」の人がたくさんいらっしゃって、何もないと下着みたいだからロゴTシャツを選ぶとか、シャツもデザインがはいったほうがおしゃれだと勘違いして、フロントにチェックが入ってるとか。ちょっとおしゃれっぽく見えるかなという淡い願望というか……。でもそこは思い切ってシンプルな白シャツのほうがおしゃれに見せられるんだよっていうことを伝えたいですね。あと、僕が一番気になるのがブーツカットのパンツ。捨ててほしいなあ。

MB氏

新刊『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中

山本:本に書いてましたよね(笑)。

MB:トレンドがめぐってきてブーツカットまた出てくるとは思うんですけど、結局流行もちょっと変わってくる。10年前に買ったブーツカットが今も使えるとは限らないし、使えない場合が多いんですよね。

山本:確かに。男性は本当にそこ言い切れますね。

「おしゃれ=イケメン」のものと思ってはいけない。女性はダサいイケメンよりも、“雰囲気イケメン”に軍配を上げることが多いからだ。山本氏のパーソナルスタイリングを施された客は、おしゃれになることで自信をつけ、営業成績がアップしたりモテ出したりすることが多いという。たかがおしゃれ、されどおしゃれである。まずは先端、そしてきれいめ要素を入れること。次回はこの鉄則をふまえつつ「クローゼットにありがちな、今すぐ捨てるべきアイテム」を両氏に教えてもらう。 <取材・文/ありまみほ 撮影/難波雄史>

【山本あきこ】
スタイリスト。証券会社、アパレル販売を経て、女性誌の専属アシスタントに。26歳で独立し、雑誌、広告などのスタイリングを手掛ける。これまでにつくってきたスタイルは1万コーディネート以上。近況や個人向けのサービスはブログ『Roccostyle.』にて紹介。2015年4月に発売した書籍『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)がロングセラーに

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 9月17日に初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』を扶桑社より発売


※『最速でおしゃれに見せる方法』購入者にMBさんのオリジナル[限定ブレスレット]を抽選でプレゼント
最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える

「シンプルでプレーンな服」をどれだけ持っているかでおしゃれは決まる!




おすすめ記事