「使い捨て商品」どこまで利用できるかな?

綿棒、ヒゲソリ、歯ブラシetc. 使い捨て前提の商品たちは、いったいどこまで耐えうるのか? 「一度限りで捨てなければならない」という概念をあえて捨て、限界まで使い倒すことにチャレンジ! すると、これまでにない新たな世界と価値観が見えてきた……? ⇒amazon.co.jp
2017.02.06