見どころ満載の「第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦」写真レポ 卒業発表から“掟破り”のカバー曲まで

 AKB48年末恒例のライブイベント「第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦」が12月15日、TOKYO DOME CITY HALLにて開催され、指原莉乃がキャプテンを務める白組が、横山由依がキャプテンを務める紅組に圧勝という結果で幕を閉じた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1008701

第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦 今年で5回目を迎え、1年の締めくくりとして定番となった「紅白対抗歌合戦」は、AKB48グループのメンバーが紅組と白組にわかれ、交互にパフォーマンスを繰り広げて勝敗を争うというもの。審査員にはリリー・フランキーや浦沢直樹といった多彩な顔ぶれのほか、高橋みなみと前田敦子も出席した。

 まず前座としてステージに登場したのは、台湾で開催されたAKB48初の海外オーディションで頂点に立った馬嘉伶(マチャリン)。憧れのAKB48の大舞台に緊張した表情だったが、日本語の挨拶を終えると『ヘビーローテーション』を日本語と中国語でソロ披露し、見事にオープニングを飾った。

 本編のトップバッターは、紅組の小嶋陽菜と白組の柏木由紀による“セクシー対決”に。バスローブ姿で魅せる小嶋は渡辺美優紀のソロ曲をカヴァーした『わるにゃん』を、柏木は板野友美の『Dear J』をアレンジした『Dear K』を妖艶なパフォーマンスとともに歌唱し、序盤からファンの視線を釘づけに。

第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦 続いて、次世代のAKB48グループを牽引するフレッシュなチーム8とNGT48による対決に。マジすか学園の衣装に身を包んだ“ニマンネン”こと小栗有以らチーム8のメンバーが、ヤンキーさながらの寸劇を披露するや、NGT48はセンターの加藤美南がアクロバティックなバトントワリングを披露し、ファンを驚かせた。

 その後も、各グループのメンバーが一日限りのユニットや楽曲でのパフォーマンスを披露し、クリスマス曲のメドレーなどで会場を盛り上げていく。白組の出番には、森保まどか(HKT48)の伴奏による“掟破り”の乃木坂46楽曲をカヴァーするなど、夢のステージも実現した。終盤には、先日卒業を発表した9期生の永尾まりやと同期による『夢の河』が歌われると、続くステージで高城亜樹が卒業を発表。「AKB48にこのまま甘えていてはいけないなと思いました。これからは高城亜樹の道を進んでいきたい」と彼女が話すと、『桜の木になろう』で高城の門出を祝福し、メンバーやファンからの温かい拍手で包まれた。

 トリの対決はキャプテン同士のソロ勝負に。紅組の横山が赤の着物で『一歩目音頭』を手拍子に乗せて歌うと、さながら会場は大晦日の「紅白歌合戦」の雰囲気に。白組の指原は『365日の紙飛行機』を白組のメンバーとともに熱唱し「指原先生はどや顔で歌っているのが減点ね」とリリー・フランキーにつっこまれた。

第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦 集計の間には、今年の「じゃんけん大会」で優勝した藤田奈那によるソロデビュー曲『右足エビデンス』と、2~16位のメンバーが参加する楽曲『君は今までどこにいた?』が初披露された。そして、いよいよ結果発表に。全国の映画館、会場、審査員、ともに白組が紅組を上回り、審査の結果「2対8」という大差で白組が勝利し、記念の優勝旗が高橋みなみから手渡された。

 AKB48と言えば恒例のサプライズ発表も。ずっと延期になっていたチームAの新公演「M.T.に捧ぐ」が5年半ぶりに決定し、2016年2月10日に初日を迎えることを告知。さらには、デビュー10周年記念の43枚目のシングルを来年3月9日に発売し、選抜メンバーには卒業生の前田敦子、板野友美、大島優子、篠田麻里子に加え、来年3月28日に卒業する高橋みなみの参加も決定した。メンバーも気を引き締め、年末の“紅白”に向け新体制で11年目のいいスタートを切ったようだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1008713

【第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦 セットリスト】
1. ヘビーローテーション(馬嘉怜)
2. わるにゃん(小嶋陽菜)
3. Dear K(柏木由紀)
4. しぇからしか!(坂口渚沙/中野郁海/倉野尾成美/小栗有以/岡部麟/佐藤七海/佐藤栞/太田奈緒)
5. 僕たちは戦わない(加藤美南/北原里英/本間日陽/高倉萌香/荻野由佳/太野彩香/西潟茉莉奈/長谷川玲奈)
6. トイプードルと君の物語(宮脇咲良/後藤楽々)
7. アボガドじゃねーし(向井地美音/須藤凜々花)
8. あまのじゃくバッタ(北川綾巴/古畑奈和/宮澤佐江/高柳明音/谷真理佳/惣田紗莉渚/須田亜香里/柴田阿弥/松村香織/東李苑)
9. コップの中の木漏れ日(白間美瑠/矢倉楓子/渋谷凪咲/薮下柊/上西恵/藤江れいな/太田夢莉)
10. 前しか向かねえ(兒玉遥/多田愛佳/田島芽瑠/神志那結衣/松岡菜摘/本村碧唯/穴井千尋/山下エミリー/坂口理子/梅本泉)
11. ロックだよ、人生は…(小嶋真子/西野未姫/朝長美桜/川本紗矢/大和田南那/矢吹奈子)
12. UZA(渡辺美優紀/峯岸みなみ/村山彩希/市川愛美/平田梨奈/岩田華怜)
13. Must be now(松井珠理奈/木崎ゆりあ/田野優花/藤田奈那/阿部マリア)
14. クリスマス曲メドレー(紅組一同)
15. クリスマスイブに泣かないように(白組一同)
16. バレバレ節(島崎遥香/永尾まりや/島田晴香/中村麻里子/竹内美宥/大場美奈/山内鈴蘭/横山由依)
17. 今、話したい誰かがいる(入山杏奈/加藤玲奈/岡田奈々/谷口めぐ/後藤萌咲/大森美優/森保まどか)
18. 右肩(山本彩)
19. それでも好きだよ(渡辺麻友)
20. 夢の河(永尾まりや/島崎遥香/島田晴香/中村麻里子/竹内美宥/大場美奈/山内鈴蘭/横山由依)
21. 桜の木になろう(高城亜樹/北原里英/大家志津香/阿部マリア/中田ちさと/鈴木まりや/宮崎美穂)
22. 一歩目音頭(横山由依)
23. 365日の紙飛行機(指原莉乃ほか、白組一同)
24. 右足エビデンス(藤田奈那)
25. 君は今までどこにいた?(シングル『右足エビデンス』カップリング選抜)
26. 唇にBe My Baby(出演者一同)

©AKS <取材・文/北村篤裕>

唇にBe My Baby

高橋みなみ“10年ぶり”の単独センター

リーダー論

AKB48を卒業する高橋みなみが、最後に語る“リーダー論”

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中