けいおん!!、艦これ…人気声優・竹達彩奈が語る“肉への熱き想い”

「けいおん!!」や「艦隊これくしょん -艦これ-」など、数々の作品に出演し、声優界のトップランナーとして走り続ける竹達彩奈さん。アニメや漫画好きが高じて、声優の世界に足を踏み入れたという彩奈さんだが、ほかにも愛して止まないものがあるという。それが、“肉”だ!

 肉が好きすぎて“肉の歌”まで作った(自身のCDにも収録!)という彼女に、肉へ捧げる惜しみない愛を語ってもらった。

竹達彩奈

2/2発売の「週刊SPA!」では、トップ声優ならではのお仕事を披露!

肉好きが高じて作詞した“肉の歌”は、今やライブの定番曲!


――アニメやゲームなど二次元の産物以外だと、肉が好きなんだそうですね。

竹達:大、大、大好きです! ああ、あと、最近、麺も好きになってきちゃって……。

――いや、ここはとりあえず、肉にしましょう。

竹達:あはははは! じゃあ、肉で(笑)。肉はそうだな、月1とかに、自分へのご褒美デーというのがあって、その時に、自分の食べたいお店に行くんですよ。たとえば、食べログとかで評価の高い、ちょっとお高めの焼肉屋だとか。なんか、鉄板焼き屋とかにも行くんですけど、どっちかっていうと日本の繊細な味の焼肉が好きですね。

――ということは、牛肉が好きなんですか?

竹達:基本、全部です! でも、一番は牛肉。ミスジみたいに霜降り具合が絶妙な部位が特に好きですね。

――肉が好きすぎて、肉の歌も歌ってますよね。そもそも、そのきっかけは何だったんですか?

竹達:そうなんですよ~。お仕事の帰りのご飯とか、毎回焼肉をおねだりしたり、私がずっと「肉が好きだ、肉が好きだ」言ってたら、「そんなに好きなら肉の曲書こうよ」みたいな話になって。それで「ライスとぅミートゅー」っていう曲を書きました。

――周りからの評判は、どうでした?

竹達:ライブでは定番の曲になってますし、意外なところでかかってたりするんですよね。たとえば、ラジオ番組を聴いていると「え、そこで?」ってところでかかってたりしますね。世の中の人は、実はどこかしらで聴いたことがあるのかもしれませんが、「これは私が歌ってるんです」ってことを、もうちょっと多くの方に知ってもらえたら、嬉しいですね。

 好きが高じて、声優としてのお仕事はもちろん、今や歌手としても精力的に活動する彩奈さん。2/2発売の週刊SPA!の袋とじ企画では、本業である“声のお仕事”を披露すべく、ARで「声と動画」が見られるグラビアに挑戦! 本人いわく「恥ずかしいやつ」という、ちょっと照れちゃうセリフに挑戦してくれている。

 竹達彩奈さんのほか、三森すずこさん(「ラブライブ!」出演)や佳村はるかさん(「アイドルマスター」出演)も登場している、AR(拡張現実)を駆使した[しゃべるグラビア]を、ぜひご堪能いただきたい! <取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/浅野誠司>

週刊SPA!2/9・16合併号(2/2発売)

表紙の人/ 長瀬智也

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
ライスとぅミートゅー

竹達彩奈1stアルバム「apple symphony」より

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中