中国版ジャニーズにブサイクな地下アイドル…中国の「純国産アイドルブーム」の裏にある習政権の思惑

 これまで、アイドル“不毛の地”だった中国で、国産男性グループ「TFBOYS」が爆発的な人気を博している。「00后(’00年以降生まれ)」の3人で結成された同グループは、3年足らずで「微博(中国版ツイッター)」で1000万人以上のフォロワーを獲得。今やコカ・コーラなど大手食品メーカーの多くのCMに出演しており、いわば“中国版ジャニーズ”のような存在になっている。

サンシャイン

「ブサイクすぎる」として話題になった地下アイドルグループ「サンシャイン」

 彼らの人気ぶりについて、北京市在住の主婦・大西靖子さん(仮名・38歳)はこう話す。

「ファンの年齢層が小学生から中年女性までと、とにかく幅広い。近所の広場には、彼らのヒット曲にのせて踊り狂うおばちゃんの集団もいます。彼らがきっかけで、純真無垢な若いイケメンを指す『小鮮肉』という新語も登場し、アラサー&アラフォー女性の間で年下男性ブームが起こっています」

 彼らに続けとばかりに、2月だけでも「打倒TFBOYS」を宣言する「ナイス」や、似た名前の「SPTOYS」など3人組男性グループが結成されている。ところがネット上では、彼らのルックスに関する批判的なコメントが殺到。写真を見てみても、確かにアイドルとしてはどうみても難アリだ。

 一方、中国では最近、地下アイドルグループも数多く誕生しているのが、こちらもルックスはかなり微妙だ。例えば安徽省で昨年末に結成された5人組の「サンシャイン」も「ブサイクすぎるアイドル」として話題になった。ところが彼女らは「私たちは自分たちが可愛くないことを知っている。でも絶対に整形はしません」と語り、ルックスのハンディを逆手に取った。これが功を奏し、SNS上で拡散してファンを多く獲得する結果となったのだ。こうした現象について、中国での活動歴もあるタレントの宮下匠規氏はこう話す。

「中国の美男美女はみんな我が強く、メンバー全員がセンターに立ちたがる。だからすぐ解散してしまい、グループが成り立たない。そのため、管理しやすい非・美男美女が必然的にメンバーとなり、ルックス的にイマイチなグループが誕生しているのではないか」

次ページブサイクアイドルにも一定のファン

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中