水曜日のカンパネラ・コムアイ、大ブレイクした心情を語る「誉められても真に受けないタイプです」

 毒&ユーモア溢れる歌詞に、中毒性のある楽曲、そして自由すぎるステージパフォーマンス。独自の路線でインディーズシーンを突っ走ってきた「水曜日のカンパネラ」がメジャーへ進出する。結成から4年、なぜこんなにも多くの人に受け入れられるようになったのか?

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ(コムアイ)

 引きこもりのゲームオタクが無理やり鬼退治に行かされる「桃太郎」や遣隋使が新宿二丁目にワープする「小野妹子」。水曜日のカンパネラの楽曲は、ブラックジョークの効いたユーモアに溢れている。昨年は「ヤフオク!」のCMに起用されて、大ブレイク。1分弱の映像で、ボーカルにして“主演”のコムアイはお茶の間に特異な存在感を示した。作曲・編曲担当のケンモチヒデフミに、“その他担当”のDir.Fというこの3人組のユニットは、今年3月には米テキサスで開催された世界最大級の音楽祭「SXSW」にも出演。その勢いはとどまるところを知らず、ついに今夏メジャー移籍を果たした。これを機に“水カン”はどう変わっていくのか? コムアイが毒っ気たっぷりに語った。

――すごく有名になりましたね。

コムアイ:うーん。まぁでも今年だけだと思います。

――そうなんですか(笑)。

コムアイ:いつも思っています。もっと食い込んでいかないと今年までになるなって。

――有名になって変わったことは?

コムアイ:私自身はあんまり変わらないかもしれないですね。オファーが増えて、スタッフは大変だと思いますけど、私は道端で話しかけられたりもしないし。

――でも、やっていることの内容とクオリティはこの3年ですごく変わったと思います。楽曲もライブも。

コムアイ:毎回いろいろ新しいことを試していますから。まず自分が楽しむために。自分が飽きちゃったら、見てる人もつまらないじゃないですか。「水曜日のカンパネラ」っていうイメージが固まってくるほど面白くなくなってきて、私は「ナメられてるな」って感じてしまうと思う(笑)。

――以前はステージで鹿の解体を披露したりしていましたけど、最近はやっていませんよね。

コムアイ:単純に最近アウトドアなことができてないっていうだけです。ライブでやったのは、動物が食べ物になっていく過程を生で見て、その意味を感じてほしいから。もともとジビエに興味がある人だけじゃなくて、普通の音楽好きの人にも見てほしくて。獣害問題の解決にもなるし、おいしいのに、まだ全然普及していないので、そこに働きかけるのはライフワークだと思っています。

次ページ「もともとワンマンが苦手だったんです」

週刊SPA!6/21号(6/14発売)

表紙の人/ 渡辺麻友

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

UMA

メジャー移籍後初のアルバム。海外のサウンドプロデューサーとタッグを組んで、「チュパカブラ」「ツチノコ」など全7曲を収録

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中