ひろゆき「ポケモンGOは、課金ユーザーが減ったとしても長生きするかも」

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【待望のポケモンGO公開で、世界中で社会現象に】

公開された「ポケモンGO」が変わらず話題だ。レアポケモンを捕獲できる場所には人が殺到、街は画面を眺めつつ歩く“スマホゾンビ”が徘徊し、注意の張り紙を出す神社仏閣も出現。日本政府が異例の注意喚起を促す事態に、ネット上も騒然。公開数日でピークは超えたとの声もあるが、調査会社によると8月2日時点でのDL数は1億を突破しているという

ポケモンGO

Twitterより

課金ユーザーが減ったとしても、ポケモンGOは長生きするかも


 世界中で社会現象となっている「ポケモンGO」に批判とかあるようですけど、わからないから気持ち悪いってのは、携帯電話で話をしてる人が出たころも「大声で独り言を喋っているようで気味が悪い」みたいに言われてましたから、同じようなものだと思っている、ひろゆきです。

 そんなポケモンGOですけど、「イングレス」でユーザーがポータルとして申請した場所がポケストップになっていたりするので、熱心なイングレスユーザーの多い地域ほどポケストップが多いのですが、地方だとまったくなくてアイテムが手に入らないという地域格差があったりします。ちなみにイングレスでは現在ポータル申請を受け付けていないらしいので、ポケストップも増える可能性は低そうですけど、ポケモンGO上に店舗を表示させるために提携する会社は増えそうなので、そういう意味ではゲームというか広告メディア的な一面もあるわけです。

 んで、スマホゲームといえばのゲーム内課金もポケモンGOはわりと良心的で、課金をしなくても困らずにプレイできるのですね。課金するにしても最初のほうくらいで、既存のソシャゲーみたいに継続的な課金の必要もあまりなかったりするので、他のソシャゲーよりよっぽど親が子供に勧められるゲームだと思うのですね。そんな感じなので、ポケモンGOの課金総額が公開時より下がるのは当然なわけで、重要なのはユーザーがどれくらいゲームを続けるかってことになるんじゃないかと。

次ページある程度レベル上げしてポケモンを集めたら…

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中