北芝健「暴力老人増加の原因は男性ホルモン」

 高齢化社会に向けて社会福祉の充実が叫ばれる一方で、老人による凶悪犯罪が増えている。内閣府発表によると、暴行・傷害など粗暴犯の数は十数年前に比べて約20倍。高齢者増加数に対する粗暴犯検挙率も、日本がトップだというが……

◆高齢者による暴力行為は、今後も増えていく!

北芝 健氏

北芝 健氏

 戦後日本の犯罪の多くは貧困が原因でしたが、近年は、不況下とはいえ個人の強欲によって犯罪が引き起こされる傾向が強くみられます。なぜか? その答えの一つは、社会的、経済的な抑圧から解放された団塊世代以降の置かれている状況にあります。会社を定年し、家族を養うという(見えざる)抑圧にこれまで苛まれてきた人たちが解放され、精神的に底が抜けた状態になっているケースが増えているのです。

 犯罪を起こさないであろうと思われている人が、例えばチャラチャラした若者にバカにされたことに激高し、その情動を抑えられなくなり、粗暴化するという刑事事件は少なくありません。こういったケースを鑑みると、容疑者の心理的背景だけを見るようでは、もう古い。犯罪学の最前線では、暴力的な破壊行為に及ぶ要因のひとつとして、ホルモンの分泌を重要視しています。

 男性は、男性ホルモンの活性アンドロゲンの一種であるテストステロンに支配された生き物です。テストステロンは男らしさを生み出すホルモンで、攻撃性や暴力傾向などの支配的な欲望をコントロールしています。通常、加齢とともにその分泌量は減少していきますが現代は飽食の時代。高齢者でも肉や魚卵が好きで、毎日のように食べる人は少なくない。こういった食べ物を多く摂ると、男性ホルモンの分泌が活発になります。無論、皆が犯罪者になるわけではありませんが、この生理現象が、高齢者の粗暴行為を助長しているのは確かです。女性も例外ではなく、前述の食料事情に加え、趣味の多様化により男性ホルモンが活発化している。女性も競争的な活動(射撃、球技など)により男性ホルモンが急増します。

 とかくすべての抑圧から解放されると人間(主に男性)の脳は、その状態に充足できなくなり、さらなる刺激を欲する。暴力行為には快楽が伴うので、結果的に凶悪犯罪に及んでしまうのでしょう。

【北芝 健氏】
犯罪学者、作家、学術社団日本安全保障・危機管理学会顧問。早稲田大学卒業、元警視庁刑事。『悪の経済学』ほか著書多数。武道にも精通

― [バイオレンス老人]急増の謎を追った【5】 ―

悪の経済学

悪人の手の内を学ぶ!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中