六本木クラブ襲撃事件の余波「現場前で写メ撮る人もいます」

 いまだ多くの謎を残す、東京・六本木のクラブ「Flower(フラワー)」で起きた男性襲撃事件。9月1日の深夜、客でごった返す店内で、目出し帽をかぶった男らに飲食店経営の藤本亮介さん(31)が暴行され死亡するという衝撃的な内容に驚かれた人も多いだろう。警視庁捜査一課が7日、防犯カメラに映った犯人グループの映像を公開するなど、捜査動向に世間の注目が集まるなか、事件の現場となった六本木界隈ではどのように受け止められているのか。

六本木,襲撃事件,フラワー

フラワーへの入り口には予定されていたイベントの中止を伝える貼り紙が

「やっぱりお客さんは減りましたよね。みんな怖いと思ったんでしょう」と嘆くのは、フラワーからほど近いクラブの関係者だ。事件後初の週末、同店では「1、2割は客が少なかった印象」だったという。

「若いコばかりが集まるクラブはあんまり変わっていないようですが、比較的年齢層の高いハコは集客が少なかったようです。近くのクラブ関係者数人と話したら、どこもそうだって言ってました。『コレでちょっとは客が流れてくれるかな?』って期待もしたんですけどね(苦笑)」

 続いて、「あれ以来、警察の監視が厳しくなった」とボヤくのは、事件現場の店が入るビルの前で長年、客引きをする男性だ。

「ココ(事件現場のビル前)は人通り多い場所なのでよく声をかけているんですが、あれ以来、すぐ警官に怒られるようになって困りますよ。パトカーの巡回も十数分おきくらいにあるし、かなりピリピリした雰囲気です」

 また、事件後の変化をこう話す。

「サラリーマンの人などから、よく『フラワーってどこにあるの?』って聞かれるようになりましたね。場所を教えてあげたら、閉まっている店の前で写メとってました。あと、いろんな噂を聞くようになりました。『カネで揉めて殺された』や『いや、女がらみらしいぞ』とか。こないだも、『俺は●●組の人間だから知ってんだけど、あいつは抗争に巻き込まれたんだ』とか言ってる人がいましたよ。中年のギャル男で、『お前、ぜったいになんも知らねえだろ』って(笑)」

六本木,襲撃事件

事件前と比べ閑散としたビル前

 ちなみに、事件後もフラワーと同じビルに同居する別のクラブは営業を続けている。「実は(事件前から)こっちの店のほうが人気だったから、フラワーが近くにあることを知らない客もいる」(客引き)のだとか。

 近くにいた女性に話を聞くと、「またその話? さっきもそのネタでナンパされたよ」と笑う。「フラワーはあんまり行ってなかったからよくわかんないけど、ほかのとこまで閉めちゃったらヤダなー。確かに怖いけど、あんまり気にしすぎても仕方ないし」

 前出のクラブ関係者も、「あの事件で六本木全体がダメになっちゃうのが怖いですね。まあ、もうすぐ給料日だから、その頃には復活してくれるとうれしいんですが……」と話す。事件は六本木の住人たちにも、思わぬ爪痕を残しているようだ。 <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中