エロかっこいいが集結「フェチフェス02」フォトレポート

TENGAちゃん(TENGA公認ポールダンサー)

TENGAちゃん(TENGA公認ポールダンサー)

「HENTAI」と英語圏でも通用する「変態」や「フェチ」といった日本が誇る文化。6月30日に行われた「フェチフェス02」には、AV女優・コスプレイヤー・アーティスト・フェチ系出版社ほか、さまざまなジャンルのクリエイターが集まり、即売&パフォーマンスを行った。

 会場となった「木下スタジオ池袋」には、牢獄、教室、電車、病院など様々な設備が用意されており、今回は1階のガレージから6階まで全て貸切で利用していた。ライブパフォーマンスが行われていた牢獄エリアでは、各30分の持ち時間でショーのほか撮影会なども行われており、集まった観客を沸かせた。

 TENGA公認ポールダンサーのTENGAちゃんは、頭にTENGAを付けたままポールダンスを披露。5人ずつ牢屋に入っての撮影会では、妖しい照明のなか少しでもいい写真を撮ろうという観客の熱気で不思議な空気に包まれていた。

⇒【画像】イベントの模様はこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=467895


 各フロアでは、ブースごとにコスプレROMなどの即売&撮影会が行われており、ブース前には作品のパッケージと同じ限界ギリギリの姿をした女性出展者が待っていた。そんななか、一見変わった雰囲気を醸しだしていたのが、アダルトメディア研究家の安田理央氏のサークル「おしどり」と、フェチの殿堂「三和出版」のブース。

 安田氏は、イベント限定のDVDマガジンを作成して出展。「フェチフェスの第1回を取材して面白かったので、これは出る側にまわった方がもっと面白いと思い参加しました。昔は全部商売でやっていたようなことも、今は純粋に楽しみでやっている人も増えているのだと思います」と、イベントの魅力を語った。

安田理央氏率いる「おしどり」

安田理央氏率いる「おしどり」

 三和出版は、「オリジナルのおむつカバーを作ったので出展してみました」と、おむつものの本とともにジャンルを絞っての出展となった。編集部の東本満氏は、フェチ系イベントの今後について「ネットやSNSが普及したいま、特定のフェチものオンリーでもイベントが開催できるようになってきていると思います。会場をみていても女性来場者も多いことも印象的でした」と語り、今後もイベントという場への期待感をみせた。

三和出版

三和出版オリジナル「おむつカバー」に注目集まる

 また、フェチやエロの世界に縁遠そうにみえる女性来場者から注目を集めていたのは、アニメ顔のマスクを被ったドーラーや、全身タイツの集団。「東京マスク工房」と「TOKYO ZENTAI CLUB」のブースを探しまわり「あれ着てみたい!」と、興味津々の様子であった。

 今回で2回目の開催となったフェチフェス。出展者からだけでなく、これまでこの様なイベントに来たことがなかった層への認知拡大などをうけ、次回への期待はさらに高まっている。知る人ぞ知る存在だったフェチの世界、不景気といわれてきたアダルト業界が、今後この様なリアルイベントをとおして、どう変わっていくのか。次回は、出る側にまわってみたいと思わされた濃密なイベントであった。 

⇒【画像】厳選美女画像 http://nikkan-spa.jp/467887/fetifes2_08

<取材・文・撮影/林健太>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中