神出鬼没の白バイに注意。夏休みの“小田厚”は要警戒

覆面パトカー<しかし災難は、まるで小田原厚木道路の覆面パトカーのように、どこかでこっそりとあなたを待ち受けている>(村上春樹エッセイ集『村上ラヂオ』より)

 大磯にも居を構える村上春樹氏も、もしかして神奈川県警第二交通機動隊に沈められた一人かもしれない。

 神奈川県西部を斜めに横断する小田原厚木道路(通称オダアツ/距離33.1km)は、箱根・大磯・伊豆方面を目指す多くのドライバーが利用する有料道路だ。東名高速から接続しているが、制限速度は時速70kmと厳しい。それゆえ、日々頻繁に取り締まりが行われ、覆面パトカーの聖地とも呼ばれている。

 なるほど走ってみると、適度なアップダウンに手ごろな直線とカーブが連続しているうえ、景色も全然面白くないので、アクセルを踏むくらいしかやることがない。

 今回は、その聖地を巡礼してきた。

 同じ路線に2台は当たり前。上下線合わせて4台、多いときには6台もの新旧クラウン覆面パトが稼働中なので、非常駐車帯でのサイン会を目撃しても油断は禁物である。

⇒【激写】クラウン覆面パトはコチラ
http://nikkan-spa.jp/479692


 さらに、受傷事故防止のため有料道路ではほとんど見かけない白バイも暗躍している。

 スピード違反だけでなく、通行帯違反、車間距離不保持、進路変更禁止違反でも容赦なく捕まる、まさに神奈川県警のドル箱路線だ。

 この難所を越えるには、とにかく制限速度を遵守して、走行車線をキープしましょう。

◆オダアツの撃墜王!神出鬼没! 白馬の騎士たち

⇒【激写】白バイ取締現場はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=479704


 オダアツで本当に怖いのは、覆面パトより白バイだ。遥か後方から超高速でアッという間に追い付き取り締まる。ルームミラーで注意深く警戒していても、前を見た次の瞬間、後方ではもう赤色灯が回りロックオンされている。原則出動しない夜間と雨天時以外は、どこからともなく現れる!

― 取り締まりの聖地!小田原厚木道路クラウン覆面パトカー図鑑【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中