交流戦名物!千葉ロッテ“挑発ポスター”生みの親を直撃

渡辺潤平さん

2014年のアートワークや歴代のポスターを見せてくれた渡辺潤平さん

 スタートから10周年を迎えたプロ野球セ・パ交流戦がたけなわだ。今年は史上初めてセ・リーグ球団の主催試合で指名打者制度を採用するなど、新たな試みも見られるなか、毎年この時期に登場する千葉ロッテマリーンズの“挑発ポスター”を楽しみにしている野球ファンも数多い。

 時にシュールに、時にユーモア溢れる言い回しで、ファンはもちろんのこと、球界関係者の心にこだまする沢山のメッセージを送り続けてきた千葉ロッテのポスターの生みの親、コピーライターの渡辺潤平氏(37歳)が取材に応じてくれた。

「一連の物語は、’04年のプロ野球再編問題からはじまりました。新球団の楽天イーグルスの初陣が千葉マリンスタジアム(当時)で行われるということで、マリーンズが広告代理店数社に声を掛けて競合コンペが行われました。子供の頃からマリーンズファンだった入社5年目の僕には、これぞ天職だ!って思えましたね(笑)」

 数ある候補作品の中から、見事マリーンズに見初められた渡辺さんの作品は、当時のスポーツ界としては前例のない対戦相手をいじる“挑発ポスター”だった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=656549

千葉ロッテ“挑発ポスター”2005年開幕

2005年開幕、新球団として誕生した楽天戦で最初の挑発ポスターが生まれた

「あなた達があれこれ話題を作っていた頃、ボク達は黙々とカラダを作っていました。」

「ささやかですが、黒星をプレゼントさせていただきます。」

「東北に春が来るのは、おそい。」

 プロ野球チームの日程告知ポスターの特性を「掲載する媒体は膨大にあるから、点ではなく面で展開する面白さを表現したい」と見抜いた渡辺さんの読みは見事に当たり、新生楽天イーグルスを迎える開幕戦の告知ポスターは、テレビやスポーツ紙に大きく取り上げられた。

「今でこそ定着した“挑発ポスター”ですが、キャンペーンが立ち上がったばかりの頃は、正直、おっかなびっくりでした」。渡辺さんは史上初の交流戦ポスター作成に挑むにあたり、ボビー・バレンタイン監督(当時)の笑顔をメインビジュアルに起用した。恒例となった交流戦ポスターの歴史は、こうして幕を開けたのだった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=656553

千葉ロッテ“挑発ポスター”交流戦元年の2005年

交流戦元年の2005年。バレンタイン監督が爽やかに挑発

◆バレンタイン監督が挑発

 大リーグ・メッツの監督時代には、退場処分となったあとも変装してベンチに入り続けた逸話を持つバレンタイン監督をメインに据えたことで、活字だけだとキツく見える言い回しに、ユーモア感あふれる温もりが生まれた。前例がなかった“挑発ポスター”のユーモアある世界観は、さかのぼること10年前から、少しずつ浸透しはじめていった。

 手探り状態だった渡辺さんが確かな手応えを感じたのは、2005年の日本シリーズだった。

「前の年に球界再編が起きて、ファンの誰もがプロ野球の未来に不安な気持ちを抱いていたと思うんです。そういう不安を拭いつつも、ぼくは31年間待ち続けていたロッテファンに向けて、メッセージを発信したかったんです」

 JR海浜幕張駅に連張りされたポスターの前には、連日の人だかりができた。ポスターの前では、涙ぐむファンの姿があった。その光景を目にした渡辺さんは、思わずもらい泣きをしたという。マリーンズファンの涙する姿に涙する、マリーンズファン。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=656556

千葉ロッテ“挑発ポスター”2005年日本シリーズ

2005年日本シリーズ。マリーンズファンの思いを代弁した熱いコピーの数々

ひしめくスタンド。地鳴りの歓声。最高のチームメイト。頼もしいスタッフ。美しいグランド。そして、最高のライバル。僕たちはいま、日本でいちばん幸福な野球選手だ。

「過去最高の自信作はどれですか?」という記者の意地悪な質問に、間髪いれずこの一枚を挙げた渡辺さんは、マリーンズファンだった自らの想いを、タイガースとの日本シリーズに挑むファンに託した。「学生時代はマリンスタジアムでバイトするほどロッテが好きでしたので」。

 本物のファンが紡いだ珠玉のメッセージは、静かに、しかし確実に、野球ファンの心を次々と射止めていった……。

 球界再編元年。2005年の千葉ロッテマリーンズは、レギュラーシーズン2位ながら、プレーオフでソフトバンクホークス、西武ライオンズを下し、日本シリーズでは阪神タイガースを相手に一気の4連勝で日本一まで登りつめた。

「“挑発ポスター”の評判は、どうしたってマリーンズの勝ち負けに左右されてしまう」と冷静に語るコピーライターの渡辺さんにとって、2005年のマリーンズは最高の形で応えたこととなる。こうして今や日程告知という本来の役目を大きく逸脱して、名物として定着した“挑発ポスター”は、翌年以降も数々の話題を振りまくようになった。

※明日は2007年から今年までのポスターを一挙公開。後編もお楽しみに!

<取材・文/小島克典(スポカルラボ) 撮影/遠藤修哉(本誌)>

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中