文具マニア注目!? 世界に誇る国産ボールペン「ベストイレブン」

日本は残念な結果に終わってしまったサッカーW杯。そこでサッカーでの無念をはらすべくSPA!では、「本家ザックJAPANに負けず劣らずの超オススメ!“俺的最強の布陣”をサッカー以外でつくったらどうなるか?」を企画。あらゆるジャンルで選出&解説してもらった!

◆ボールペン・ベストイレブン「黒球JAPAN」最強の布陣(監督:古川 耕)

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=665460

古川耕氏

古川耕氏

「漢字文化の日本はペン先に入った“ボール”を動かしては止め、また動かすという、細かな動きに適したボールペンが求められます」と古川耕氏。これは日本のパスサッカーとも重なるということで、国産の11本を推奨してもらった。

「最前線には現在ブレイク中の『フリクションボール』を。その“消えるインク”は、消える動きでマークを振り切り、89分間は消えていても残り1分で得点すれば許される……というCFの特徴にも重なります。その左には、滑らかな書き味で日本のボールペンの歴史を変えた『ジェットストリーム』を。サッカーの歴史を変えたクライフやマラドーナにも重なる1本です。『Vコーン』は、紙に接地した瞬間、インクが染み出すクイックネスが、ピッチサイドを駆けるクラシカルなウインガーのよう」

ボールパン

「速いボール回しが必要な前線にはペン先がよく滑るものを、ディフェンスにはしっかりした書き味のペンを選出。各ポジションから1本を選べばバランスのいいペンケースが完成します」(古川氏)

 たかが、ボールペン、されどボールペン。特性は大きく違うのだ!

「中盤は3人。シグノの新鋭『RT1』は、ペン先を傾けても筆記できる“エッジレスチップ”の万能さで攻守の要に。水性と油性の混交インク『エマルジョンインク』を搭載の『スラリ』は、『ポジジョンチェンジで相手を攪乱』『中盤の潤滑油』の役割を期待。黒く濃いインクが評判の『エナージェル』は、コートジボワールのヤヤ・トゥーレのよう。激しく上下動するSBはインク量=スタミナ重視。『Opt.』は通常のノック式ボールペンより45%多いインク量が魅力。左の『タプリクリップ』は小柄ながら40%増量の替え芯が入り、長友を連想させます。CBには大きなボディ=屈強なフィジカルを誇るベテラン『ドクターグリップ』を。相方『エアプレス』の、インクを後ろからプレスする加圧システムは、ディフェンスのプレスの動きに重なります。そしてGKは『Pfit』。超大型のクリップに、GKに必要なキャッチング能力の高さを感じました!」

【古川耕】
放送作家・ライター。文具通としても知られ、『月刊GetNavi』で「文房具でモテるための100の方法」を連載するほか「OKB48(お気に入りボールペン48)総選挙」も主催

― 勝手に発表!!俺の好きな[文化系ベストイレブン]【4】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中