雑学

女性ラーメン評論家が選んだ「いま食べるべき11店」

日本は残念な結果に終わってしまったサッカーW杯。そこでサッカーでの無念をはらすべくSPA!では、「本家ザックJAPANに負けず劣らずの超オススメ!“俺的最強の布陣”をサッカー以外でつくったらどうなるか?」を企画。あらゆるジャンルで選出&解説してもらった!

◆ラーメン・ベストイレブン「つるしこJAPAN」最強の布陣(監督:本谷亜紀)

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/663654/turushiko

本谷亜紀氏

本谷亜紀氏

 伝統店と新興勢力がめまぐるしく興亡する、永遠のラーメン激戦区・東京。並み居る強豪から今、食べておくべきつるつるシコシコの「スタ麺」を組んでくれたのは、ラーメン評論家・本谷亜紀氏だ。

 DF陣は、ブレない軸のある経営と、流行やランキングに左右されない安定感のある布陣が特徴。GKの「一風堂」と、CBの「凪」「武蔵」は、「徹底した社員教育とエリアに合わせたメニュー展開で、多くの支店・グループ店を擁する優良企業です」と本谷氏が語る通り、鉄壁の守備を固める存在だ。

「多くの能力が要求されるSBに国分寺『ムタヒロ』を選んだのは、豊富なメニューのすべてがおいしくて、まさに“守備範囲が広い”から。女性客に髪留めや紙エプロンをサービスする“カバー力の高さ”もポイントですね」

つるしこJAPAN

限定ラーメンの完成度が高い学芸大学「麺処 びぎ屋」、サイドメニューも完璧な恵比寿「おおぜき中華そば店」など、奪ったボールは必ず得点につなげる手数の多い技巧派プレーヤーが揃う

 続いて、攻守のバランスが肝のMFには、柔軟な発想で伝統と革新を両立させる新興店をチョイス。花形となるトップ下の麹町「ソラノイロ」は、最近テレビや雑誌に引っ張りだこの人気店。チームの大黒柱となるボランチには、研究熱心で業界からリスペクトされる都立家政「麺や 七彩」を配した。

「RHの市ヶ谷『麺や 庄の』は、基本となる魚介豚骨の濃厚つけ麺でファンを守りながらも、チョコレートやウニなどユニークな食材を使った創作麺で攻めの姿勢も忘れないトリッキーな選手です」

 FWは2トップ制。新小岩の「麺屋 一燈」は、走力と正確さを併せ持つ万能選手で、盛衰の激しい業界で長年愛される条件を備えている。もうひとつの「銀座 篝」は、突如現れた技巧派の実力店。

「銀座の路地裏にある激せま店で、そのうえ取材NGなので、後半戦は同じく激せま店の四谷三丁目『塩つけ麺 灯花』を投入するのもいい作戦かもしれません」

 日本最強B級グルメによる“つるしこジャパン”が世界を制す!?

【本谷亜紀】
『お願い!ランキング』出演を機にラーメン評論家に。著書に『日本初の[女性ラーメン評論家]になっちゃいました!』。ブログ「本谷亜紀の麺マガ!」更新中。http://ameblo.jp/aki-honya/

― 勝手に発表!!俺の好きな[文化系ベストイレブン]【2】 ―

日本初の[女性ラーメン評論家]になっちゃいました!

カワイイだけじゃない、年間350杯を食べる著者の本格派ラーメンレビューが楽しめる一冊

ハッシュタグ




おすすめ記事