富野由悠季氏の「新作ガンダム」に原発事故が与えた影響

 この秋、テレビ放送がスタートする『ガンダム Gのレコンギスタ』(以下『G-レコ』)。ガンダム生誕35周年を記念して制作されたファン待望の新シリーズだ。本作で総監督を務めるのは同シリーズの生みの親・富野由悠季。御年72歳、キャリア50年を超える富野監督は、35年のときを超えて新たなるガンダムに何を託すのか? そして、「従来のガンダムファンには理解できない作品」「あなたのために作っていない。お子さん、お孫さんに見せてください」といった挑発的な発言の真意とは?

富野由悠季氏

富野由悠季氏

――『G-レコ』はガンダムファンの子供や孫の世代に向けた作品ということですが……。

富野:今の20代、30代、40代以降には期待できない。最近のニュースを観ていてもわかるんじゃない? あれで政治家だって言うんだから(笑)。あの人たちの年収が200万~300万円なら許せる。でも、そうじゃない。そこにお金を払うことを許しているのは我々納税者だから、これは皆アホってことです。そこを変えることができるのは、子供たちをおいてほかにありません。

――『G-レコ』の構想段階で東日本大震災と福島第一原発の事故が起こりましたね。この2つの事件は作品に影響ありましたか?

富野:影響はあります。福島の事故で大人たちに期待できないことが、はっきりしました。事故を起こしても後処理ひとつできない。そんなことは最初からわかっていたはずなのに。この間も地元住民が大反対しているにもかかわらず、どこかの知事が「(中間貯蔵施設の件は)何とか説得したい」とか平気で言っていました。僕に言わせれば「バカなんじゃないの?」って話です。

――『∀ガンダム』の頃から「持続可能型のエネルギー政策に切り替えないとまずい」といった話を繰り返してきましたね。そのあたりのことは福島第一原発の事件後、話しやすくなったのではないでしょうか?

富野:それも1年程度のことでしたね。今では原発に関する言葉は死語に逆戻りしています。コンビニは24時間営業だし、東京では街中の街灯が灯っている。街灯をつけないと犯罪率が上がるなんていうバカもいるけど、江戸時代の犯罪率が今よりも高いとは思えない。それでも20世紀の暮らしに慣れてしまった我々大人は街灯を消すことができないでいる。僕にしても今では自粛という観念を持てずにいます。それくらい僕たちはだらしがないんです。

――だからこそ子供に向けて『G-レコ』を作った?

富野:この作品を観た子供たちが10年後にアクションを起こす。そのための種はまけたと思います。台詞にはしていないけど、問題意識はすべて並べています。例えば、本作に登場する宇宙エレベーターもそのひとつです。地球と宇宙を7万kmのケーブルで繋ぐことに、どの程度の現実感があるのか? さらに言えば宇宙エレベーターの維持管理をどう行って、投資した資金をどう回収するのか? そういう科学者が置き去りにしている問題に目を向けられる人間が『G-レコ』の視聴者から育ってくれたら本望です。

※8/26発売の週刊SPA!では、富野監督が新作ガンダムで「脱ガンダム」を成功をした、と大いに語っている。ぜひ、本誌でご確認いただきたい。

<取材・文/渡辺トモヒロ 撮影/吉場正和>

週刊SPA!9/2号(8/26発売)

表紙の人/大谷翔平

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ガンダム Gのレコンギスタ 1

特装限定版[Blu-ray]

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中