読売記者vs上杉隆 小沢会見場外バトルの舞台裏

読売記者vs上杉隆

自由報道協会の会見場外で読売新聞記者(写真左)と相対する岩上安身氏(中央)と上杉隆氏(右)

10月20日、現在裁判中の小沢一郎元民主党代表が自由報道協会主催の記者会見に姿を現した――。

積極的な「対決姿勢」を鮮明に打ち出す“法廷戦略”に転換したからか、裁判が開かれなかったにも関わらず、初公判後の「ブチ切れ会見」からわずか2週間後の会見だった。

今回の自由報道協会主催の会見は、従来の記者会見のスタイルとは異なり、事前に一般国民からの質問を広く募る前半部と、通常の参加記者による質疑応答の後半部の二部制。「全国民参加型」のフルオープン会見をうたったものだった。

「震災の被災地について、お膝元の岩手県で小沢氏が表立った活動をした……という報道が聞こえてこないのは、なぜでしょうか?」

実際、会見の口火を切った1問目の質問は、自由報道協会に寄せられた一般の方からのもので、裁判の見通しや政局話とも違い、そもそも国民誰もが抱いていた素朴な問いかけだったといえよう。

ところが、会見が後半の質疑応答に移ると、なごやかな雰囲気さえ漂わせていた会見場が、一気に大荒れの展開となったのである。発端は読売新聞記者のこのひと言だった。

「陸山会事件の問題が起きてから、政治資金規正法違反に関して、汚職や脱税が伴わなければ実質的犯罪ではないという考えを再三述べてますが……」

小沢氏は即座にこの記者の言葉打ち消す。

「そんなことは言っておりません」(小沢氏)

「……ええと、そういうふうに受け取られることを言ってますが」(読売記者)

「そんなことありません」(小沢氏)

「……そういうふうに一貫して述べられていると思うんですが」(読売記者)

「違います!(苦笑)」(小沢氏)

「(失笑)」(場内)

あまりに露骨な決めつけを前提とした読売新聞記者の質問には、会見場から記者クラブ所属の記者、フリーランス記者を問わず失笑が漏れる。

この会見では、なるべく多くの記者の質問を受けつけるために質問は1人1問と前もって決められていた。ところが、この記者は質問に回答中の小沢氏の言葉を遮り、事実に基づかない“自説”を高らかに述べ始めたのだ。

「なるべく簡潔にお願いします」

司会が止めにはいるが、この読売新聞の記者は不規則発言をやめず、果ては「私も話しがしたいんです!」などと懇願する始末……。

「それはあたなの考えでしょ」

小沢氏も呆れ気味にこう話すにとどめ、司会の要請ででようやく記者の“質問”は終わった。ところが、騒動はこれで終わったわけではなかった。

会見終了後、主催である自由報道協会暫定代表であるジャーナリストの上杉隆と同協会会員の岩上安身氏が、読売新聞記者に迫ったのだ。

会見を生中継していたニコニコ生放送のカメラは、30分余りに及んだこのやりとりを漏らさず放送。読売新聞記者の言い分はこのようなものだった。

「通常の会見では、あのくらい許されてるじゃないですか」「質問もコミュニケーションじゃないですか?」

ツイッターのタイムライン上には「読売が荒らしにきた」「自由報道協会潰し」などとさまざまな憶測が流れたが、一方で上杉氏側に対しても、「上杉氏らの本心は、小沢に都合の悪い質問するな!だ」といった意見も出ており、一夜明けても騒ぎは収まらない状況だ。

渦中の上杉氏を直撃した。

「小沢さんが話しているのに言葉をかぶせたり、延々と質問を続けたり……私が言いたいのはルールを守れ!の一点だけ。今回の会見では、質問は1人1つ、そして自由報道協会主催の会見では司会の指示に従うのがルール。質問の内容なんて何を聞こうが自由だし、そのことで云々言っているのではない。ただ、会見の場は自説を述べるところじゃありません。どうしてもやりたいのなら、よそでやってほしいものです。読売新聞が会見を主催して小沢氏を呼べばいい。いやぁ、ホント、(僕は冷静だったんだけど)岩上さんが怒っちゃってねぇ(笑)、代表としてあとでよく注意しときます」

会見に参加していた筆者としては、件の読売記者の「小沢叩き」ありきの質問に対して“違和感”を覚えざるを得なかったが……。

いずれにせよ小沢裁判報道は、判決の出る来年4月に向け、メディアの場内・場外乱闘も含め、まだまだ盛り上がりを見せそうな気配だ。

取材・文・撮影/ソラマメタロウ

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中