Berryz工房「活動停止はみんなで決めた。後悔はない」

Berryz工房

Berryz工房。左から清水佐紀、須藤茉麻、夏焼雅、菅谷梨沙子、嗣永桃子、熊井友理奈、徳永千奈美

 Berryz工房は特殊なアイドル・グループだ。活動歴11年という女性アイドルとしては異例のベテランであるにもかかわらず、最年長の清水佐紀でもまだ23歳。小学生の少女たちは、徐々に大人の女性へと成長を遂げ、やがて自分たちの人生もデザインできるようになる。そこで7人が出した結論は、皮肉なことに「無期限の活動休止」というものだった――。

――活動休止について、「Berryz工房以外にやりたいことが出てきた」という理由をさまざまな媒体で語っていますが、同時に「アイドル以外の世界を知らない」という不安も口にしていますが。

清水佐紀:ええ、それは大きいです。私はもう23歳で、この中では一番年上なんです。だけど同世代のコの話とか聞いていても、「どういうことだろう?」って思うことがすごく多いんですね。大学に入るための勉強もそう。社会人になるための準備もそう。たとえば地元の友達で何人かが集まったとき、「あ、この話って私だけわかってないな」っていうことが結構あって……。アンケートとかを書いていても自分が勉強不足だなって感じることがあるし、そもそもパソコンの使い方すらわかっていないんです。いまだにキーボードを人差し指1本ずつでしか打てないですし。焦りと同時に、恥ずかしいっていう気持ちが強いんです。

菅谷梨沙子:私もそうですね。小学2年生でこの世界に入って、この世界しか知らないので。地元にはもう結婚しているコもいるし、ママになっているコもいるんです。それなのに私は、銀行の振込み方法とかもわからないんですよ。税金、生命保険……そういうの、何もわかってない。

夏焼雅:私も、活動停止になったら海外旅行でもしようかと思っても、チケットの取り方すらわからないんです。スタッフや親がやってくれていたから。

嗣永桃子:PASMOならわかるけど!

徳永千奈美:うん、ようやくPASMOのお金は入れられるようになった。電車は毎日乗っているから。

菅谷:いや、でもホント親に頼らないと何もできないんです。この年になって「親がいないと」って、自分でもどうかと思いますよ。「このままでいいのかな?」って……。アイドルとか芸能人とかいう前に、1人の人間としての正直な不安ですね。

熊井友理奈:これくらいの年齢の女のコにとって当たり前のことが、私たちには当たり前じゃないんです。友達はみんなバイトとかしていますけど、時給とか日給とか、そういう言葉の意味も最初は知らなかったくらいですし。周りのコから見たら、普通じゃできないような仕事ができる私たちがうらやましく見えるのかもだけど、逆に私は普通のことがうらやましい……。

清水:でも、今からならまだ間に合うかもしれないって思って、前向きな気持ちでいます。

※2/24発売の週刊SPA!の「エッジな人々」ではBerryz工房のロングインタビューを掲載中。

取材・文/小野田衛 撮影/岡戸雅樹 再構成/SPA!編集部

週刊SPA!3/3号(2/24発売)

表紙の人/SKE48

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中