モテたい理系男子は「肉体を使ったボランティアに行け!」

理系男子

: CC0 Public Domain

 最近、恋愛市場で「理系男子」の人気が上がっているという。それも、西島秀俊さん(横浜国立大学工学部生産工学科中退)や向井理さん(明治大学農学部生命科学科卒)などなどのイケメン理系男子だけではない。極めて普通の独身中年理系男子でも恋愛市場では高評価なのだ。

 しかし、当の理系男子にしてみれば「そんなことない、モテたことなんかない」「世の中で女のコと楽しいことをしているのは文系のヤリチン男だけだ」という人もいるのではないだろうか?

 なぜ、評価が上がっているはずの理系男子なのに、実際の現場でモテないということが起きるのか? 理系男子はモテるために何をすべきなのか。モテや恋愛についての著作が好評のAV監督・二村ヒトシ氏に話を伺った。

「会社の外にもあまり出ず、人とのコミュニケーションが仕事の中心ではない理系男子は、パッと見は地味な存在です。営業マンのようなコミュ力もなく、クリエーターや起業家のような華々しさもない人が多いでしょう。しかし、女性はそんな理系男子の普通さにホッとする。普通さは裏返せばマジメさ、誠実さですから、『モテてハデなヤリチンより理系男子がいい』という女性は多いでしょう」

 ではなぜ、実際はモテない理系男子の声が聞こえてくるのだろうか?

「ハデな仕事やコミュニケーションでの成功体験を得る機会が少ない分、自信を持てない人が多い。イケメンではない理系、さえないメガネのチビやヤセやデブだからしょせん脇役で主人公にはなれない……という自己認識なのに、自分を守るプライドだけ妙に高い」

 ではモテるには何をすべき?

「合コンなどはヤリチン男子たちの戦場ですから、同じ土俵に上がることはありません。それより自己肯定感を得られる活動をすべきです」

 具体的なオススメは、何と「カラダを使う週末ボランティア」だとか。

「自然保護の土木作業などがオススメ。企業の利益ではなく社会貢献を目指すことで自己肯定感も得られるし、体を酷使するので、考えすぎて煮詰まることもなく、継続することで気がついたらセクシーで男らしい肉体になっている(笑)。理系男子にマッチするマジメで賢い女性と出会える可能性も高い」

 社会人が参加する読書会や勉強会もオススメだそうだが、「頭理屈先行になりがちな理系男子は、知識アピールばかりして引かれることもあるので注意」とのこと。

「頭でっかちを自覚している人は、まず体を鍛えるべき。家で筋トレするのでもいい。コミュニケーションを変えるより体を変えるほうが成果は出やすいですし、見た目が変われば自分に自信を持てるようになる」

 では、「とにかくヤりたい」という性欲先行型の人はどうすべき?

「ヤリチンのように数で勝負せず、1人の相手と性の快楽を深く追求するのがいい。理系男子を好むマジメな女性の中に、マジメだからこそエロい女性はたくさんいます」

 ここまで読んでもまだ「理系男子がモテるなんて信じられない!」という人はいるだろうか?

 そんな人のために、8/18発売の週刊SPA!の「[理系男子]がモテるって本当なのか?」では、女性から見た「理系男子」の良さを徹底検証している。理系のみならず文系男子もまたモテたい人ならばぜひご一読ください。

【二村ヒトシ氏】
64年生まれ。AV監督。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか 』(ともにイースト・プレス)などがある。

週刊SPA!8/25号(8/18発売)

表紙の人/ V6

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中