『弱虫ペダル』作者「ジャンプからの戦力外通告で気持ちが切り替わった」

 カラフルなボルダリング壁が一面を占める車庫にはロードバイクのフレームが並ぶ。実はここ、大ヒット漫画『弱虫ペダル』の作者・渡辺航氏のアトリエである。5月には『少年チャンピオン』掲載作として39年ぶりの講談社漫画賞(少年部門)を受賞。8月28日には『劇場版 弱虫ペダル』が公開される。40巻を超えてなお加速する同作の根底には、アスリートのように心身を磨く作者自身の日常があった!

――『弱虫ペダル』などのヒットで、アラフォーで一気にブレイクした渡辺さんですが、それまでには試練もあったと聞いています。

渡辺航渡辺:僕としては試練をかいくぐってきた覚えはないんですよね。例えばどのあたりの話でしょう?

――ある作品の連載中に、編集部の意向で別の作品を描いたら、最終的にどちらも打ち切られたとか……。

渡辺:みんな好きですよね、そういう話(笑)。まぁ「なんでだよ!」と思うこともありましたが、そんなにマイナスには捉えていないんです。むしろ、自分の中では結構ラッキーだなと思いながらやってきました。

――その道のりを振り返っていただけますか。

渡辺:僕は『週刊少年ジャンプ』っ子だったので、15歳で賞をもらったとき、すぐに『ジャンプ』で連載できると思っていたんです。ところが、若い作家さんがどんどんデビューしていくなかで自分は連載が取れない。当時は「担当者が悪い」と思ったり、奇想天外なアイデアに走ったりしましたが、そんなものは小手先でしかない。後になって考えると、答えはシンプル。ただの努力不足ですよ。

――“努力不足”だった当時の自分から、気持ちが切り替わったきっかけは何だったのでしょう?

渡辺:『ジャンプ』から戦力外通告を受けたことですね。編集さんに「青年誌を紹介するよ」と言われて、「答えを保留させてください」といったん引き下がったんですが、1週間たって初めて「もう自分の夢は叶わないんだな」と気づいて。それから半年は漫画が描けなかった。そこで、もう一度自分の胸に「青年誌に行きたいか?」と聞いてみたとき、「自分が心焦がしたのは少年漫画だから、もう一度少年誌で描きたい」と。

――漫画家を辞めたいとは思わなかったんでしょうか?

渡辺:ないですね。やっぱり漫画は面白いんですよ。テレビや映画はどこからか制限がかかるし、イラストや写真だって、雑誌に掲載される以上はトリミングされたり、文字が載ったりして、どこか改ざんされるじゃないですか。でも、漫画は描いたものがほとんど全部そのままで届く。しかもあの情報量。自分の伝えたい熱がそのまま伝わるんです。こんなすごいメディアはほかにないなと。

 このあと、インタビューはまだまだ続きますが、この続きは8/25発売の週刊SPA!に掲載されているインタビュー連載『エッジな人々』にてご覧ください。なお、カラフルなボルタリング壁やロードバイクの写真、そして『弱虫ペダル』の原画も同ページに特別掲載中! 〈取材・文/山脇麻生 撮影/アライテツヤ © 渡辺 航(週刊少年チャンピオン)〉

週刊SPA!9/1号(8/25発売)

表紙の人/ 橋本マナミ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
弱虫ペダル 1

コミックス累計発行部数1400万部突破

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中