雑学

ロボットレストランに次ぐ歌舞伎町の新スポット 蓮(Ren)に行ってみた

 JR新宿駅から徒歩5分、今やすっかり外国人観光名所となった歌舞伎町のド真ん中に、ロボットレストランの姉妹店、本格アメリカンダイニング&お酒が楽しめる「蓮(Ren)」が3月11日にオープンした。

 ひときわド派手なファザードに、通行人たちも思わず足を止め、記念写真を撮っている様子が見受けられる。ドア越しに見られるエントランスのクリスタルで装飾された白馬像といい、強烈な内装センスで一度見たら忘れられない強烈なインパクト。何かと気になるこのお店に潜入してみた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1096524

 店外にいたボーイに「確認ですが、当店はロボットも女のコもいません」と念をおされつつ店内へ。エントランスから豪華なシャンデリアがお出迎え。球体型のLEDスクリーンといい、とんでもなくゴージャスで、どこを見てもギラギラ・ピカピカして目が痛いほど……。

 1階部分はエントランスになっており、エレベーターで地下一階へ。内装はこんなにもド派手なのに、店内は意外にもジャジーな雰囲気が漂っていて、時間を気にせずに落ち着ける。ロボットレストランやギラギラガールズから流れてきたお客さんたちが多く来ているようで、お客さんの半分以上は外国人だった。一眼レフカメラを手に店のあちこちを撮影している。

次のページ 
食事をするための食器まで金ピカだ

1
2




おすすめ記事