エンタメ

話題の『東大美女図鑑』、最新版には新入生の姿も! 笑顔が眩しい「五月祭」の東大美女たち【第89回 五月祭】

東京大学 第89回 五月祭」が、5月14日と15日の2日間にわたって本郷キャンパスで開催されている。入学したばかりの学生にとっては初めての学園祭で、各クラスごとに模擬店を出すなど、新入生の交流を深める場となっている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1110232

東大美女図鑑 当日は、東大美女によって運営される模擬店で写真誌『東大美女図鑑 vol.5』が発表され、彼女たちが作るタピオカの販売も。昨年のミス東大候補の学生2名を含む30名の写真と素顔が同誌に掲載されており、五月祭を華やかに盛り上げる。

 先日、批判を受けて中止となった大手旅行代理店HISの「東大美女が隣に座ってくれる」キャンペーンでも話題となった『東大美女図鑑』。もともとは、学内サークル「STEMS UT」によって2013年3月に結成され、同年5月の「五月祭」から東大女子のイメージアップのために活動している。「勉強ばかりで、プライドが高く、⾒た目に気を遣わない」といった偏見を持たれがちな「東大女子」にスポットを当て、「美しくて知的な存在」としての東大女子のイメージへと変えていくのが目的だ。

東大美女図鑑 学外からも多くの来場者を集めている「五月祭」の『東大美女図鑑』ブースには、14日の午前中から人だかりができていた。興味を持った女子学生たちが近づいてきて「めっちゃかわいい!」と声をあげていたり、ブースに立ち寄る外国人観光客の姿もあったりと、さすがは東大の学園祭といったところ。

 シリーズ最新作の『東大美女図鑑 vol.5』は、表紙やページの紙にもこだわっており、より図鑑らしいボリュームのある仕上がりに。また、2016年版卓上カレンダーやポスターなど、グッズが充実してきているのも見どころだ。

 今号のテーマは「東大美女図鑑、出会う」。各号によって編集長は交代しているが、今号の編集長はどんなこだわりを持っているのだろうか?

「東大美女ひとりひとりについて、学生時代に打ち込んできたことや人生に影響を与えた本や映画、東大に入った理由などについての質問を通じ、彼女たちの生き方に影響を及ぼしてきたものに迫るべく、多面的なアプローチを行いました」

 特集記事の「美女スタグラム」では、「♯食べる」「♯おでかけ」などのテーマに基づき、東大美女たちの日常をインスタグラム風に発信している。100問100答のアンケートで彼女たちの素顔に迫った「東大美女Q&A100」や、今年卒業式を迎えた東大美女たちの晴れやかな袴姿の写真も掲載されている。

東大美女図鑑 4月に入学した新入生からは「うれしいことに6人も参加してくれています」と編集長は話す。もちろん『東大美女図鑑』のブースだけでなく、彼女たちによるダンスや楽器演奏などのパフォーマンスが観られるのも「五月祭」だからこそ。ここでは、当日のブースで出会った美女たちを写真とともに紹介する。心地よい天気と東大美女に癒される週末を過ごすのもきっと楽しいだろう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1110224

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>




おすすめ記事