デジタル

自分の“そっくりさん”と会えるサイト

◆アメリカの[ユニーク出会い系サイト]で出会えるかな!?(1)

そっくり男女マッチングから童貞処女専用や
ギーク専用まで本場のデーティングサイトを試した!


GWにNYに飛んだ本欄担当者。たまたま目にした現地の雑誌で興味を引かれたのが「新手の出会い系サイト」の記事。さすがアメリカさんは、出会い系も一味違います。



自分の“そっくりさん”と出会えるサイト

FIND YOUR FACE MATE



 仲の良いカップルは、お互いに顔が似ているという。60組の男女の“そっくり度”を、第三者に10段階で判定させるという実験では、非カップル男女の平均点が3.52、カップル男女の平均点が4.05という結果に(89年にアメリカで行われた実験より)。かなりビミョーな差異ではあるが、「カップルの男女は、非カップルの男女と比べて、互いに顔が似ている」というのは、一応科学的にも証明されているのだ。

 この言説にヒントを得て、この春スタートしたばかりの出会い系サイトが「FIND YOUR FACE MATE」。自分の顔写真を登録すれば、ズバリ、よく似た異性を紹介してくれるという。自分のそっくりさんなんてイヤだ!なんて言うなかれ。厳密には、両目、両耳、鼻、アゴ、口の両端、口の中央の計9ポイントの位置から“顔のつくり”の類似を判定するというしくみで、双子のようにそっくりな女性が紹介されるわけではない。サイト上で紹介されている“そっくりさんカップル”を見れば納得がいくはず。

 マッチングには、顔認識技術で知られる「Face.com」社が無料提供するAPIを利用しているとのことで、いまや出会い系サイトもハイテクの時代なのだ。


セレブ夫婦にもそっくりさんが。トップモデルのジゼル・ブンチェンとNFLプレーヤーのトム・ブレイディ夫妻。アゴのいかつさがソックリ!



顔のマッチングで結ばれたカップル



◆小誌記者も登録にトライ!


 というわけで、上で紹介した「FIND YOUR FACE MATE」に、小誌記者も登録してみようと思った次第である。同サイトのしくみは、自分の顔写真を登録すれば、自動的に解析が行われ、それにマッチする“そっくりさん”を紹介してもらえるというもの。編集伊藤は、どのような美女(非美女)と巡り合えるのか!?

 登録は無料。日本からの登録がダメとは書かれていないが、郵便番号(ZIP CODE)を記入する欄があるので、適当にNYの番号を入力して完了。続いて顔写真をアップロードする。2MBのデータ容量制限を見落としていたためやや手こずるも、無事アップロードに成功した(写真)。



 ……だが、残念ながら行き着いたのはここまで。その後、伊藤のプロフィールページには「工事中」のマークが表示され、「そっくりさん女子」が登場することはなかった。日本人顔にマッチする女性が少ないからではと思い、外国人男性の写真で試してもみたが結果は同じ。この3月末にスタートしたばかりのサービスであり、おそらくはまだベータテスト状態なのだろう。同サイトについては、引き続きウォッチを続けたいと思う。

取材・文/編集部




おすすめ記事