デジタル

夏の甲子園シーズンに読みたい“非王道”の高校野球漫画とは? 【通がすすめるスマホで漫画2016夏】

 山内氏によれば、スマホの普及で、手軽に漫画が楽しめるようになり、漫画業界が大きく変化しているという。
山内康裕氏

山内康裕氏

「従来は、雑誌連載後に単行本化される流れが主流でしたが、今は漫画雑誌だけでなく、WEBやアプリでも連載され、それが単行本化されるようになりました。例えば、『ワンパンマン』のように、WEBで無料公開していたものが人気になり、単行本化されヒットすることが増えています。出版社もノウハウを蓄えていますし、今後は面白い作品が増えていくでしょうね」  なかでもおすすめは、大手出版社が運営する『少年ジャンプ+』(集英社)と『マンガワン』(小学館)だという。 「大手出版社がコンテンツ力を持っているのは強い。過去の人気作も無料で読めながら、本誌には載っていない実験的な作品も読めますよ。『少年ジャンプ+』連載の『ファイアパンチ』は、『進撃の巨人』と思える衝撃がありました」  この先、WEB漫画やコミックアプリから目が離せない! 【山内康裕氏】 マンガナイト代表。マンガを介し“コミュニケーション”を生み出すユニット「マンガナイト」を運営。マンガ関連のコンテンツプロデュース業務等を提供している
1
2
ラストイニング(1)

問題児監督・鳩ヶ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事