雑学

都心のど真ん中にあるキャンプ場!アーバンキャンプトーキョーへ行ってきた

 各地でアート系イベントが充実している10月だが、近年、クリエイターやアーティストが集まり化学反応を起こしている東京・神田エリアを中心に、現在開催中のイベントが、現代美術家の中村正人氏が主催するTRANS ARTS TOKYOだ。

 2012年より開催され、過去4回の開催を通して近隣の住民や商店関係者たちが率先してイベントを提案する地域密着型の催しとなっており、今年は10月15日(土)~10月30日(日)までの期間中、様々なインスタレーションの展示や座談会といったイベントが予定されている。

都市の中のキャンプ場


 そんな同イベントの中でも恒例となっているのが、今年で3回目を数えるアーバンキャンプトーキョーだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1219724

隣は普通に工事中。ちょっと異様な光景だ。

 東京のど真ん中に位置する、約3000平米の東京電機大学跡地を2日間にわたって、“都市の中のキャンプサイト”として開放するというもので、「アーバンキャンプという企画ありきではなく、“ビル跡地を使ってなにか企画を”という枠組みがあり、当初は実験的にスタートした」と企画者である田中元子氏は語ってくれた。

周辺の廃ビルを利用したアーティストたちの作品群も注目

 しかし、その参加者は回を重ねるごとに増加し、今回は100名以上が参加。すっかり常連となっている参加者も多いという。遠方では富山、名古屋、岐阜、栃木などから集まる参加者の層は、お一人様から子連れのファミリーまで老若男女を問わず、実に幅広い。中にはこのアーバンキャンプトーキョーが初めてのキャンプ体験という人もいるというから、驚きだ。

次のページ 
テントを張ったあとに自宅に帰る参加者も

1
2




おすすめ記事