雑学

鉄オタに意識改革が起きた!? 貨物列車グッズが売り上げ急増中

「実際に乗ることができない」「新幹線、特急列車、クルーズトレインと比べると車両が地味」と、鉄道ファンの間でも人気が薄かった貨物列車。ところが、最近、貨物列車の人気がじわじわと上がってきているという。

 鉄道書籍や鉄道グッズを数多く取り扱う、東京・神保町の「書泉グランデ」では、貨物列車を撮影する“撮り鉄”に欠かせないアイテム「貨物時刻表」が発売日に山積みされ、信じられないペースで売れていく。また、JR貨物のロゴが入った折りたたみのコンテナケースも人気だ。

 カレンダーの販売シーズンであるこの時期は、愛知県にある貨物鉄道会社、衣浦臨海鉄道のカレンダーが売れている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1228863

カレンダー

次のページ 
貨物列車のグッズが激売れ、その理由とは?

1
2
週刊SPA!11/8・15合併号(11/1発売)

表紙の人/ 欅坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事