デジタル

ブーム再燃中!デジタル時代に失敗しないレコードプレーヤーの選び方

アナログの王道を行く、本格派のリーズナブル機

 続いてはONKYOのCP-1050だ。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1237717
ONKYO/CP-1050

ONKYO/CP-1050

「アナログレコードプレーヤーは、その名の通りデジタルなパーツが少ないため、材料によって音質が決まります。CP-1050は木目調とアルミが組み合わさったデザインですが、よく作り込まれており、強度もいいです。音質は“アナログらしい音”。滑らかで温かく、線の太さがありながら、解像度もしっかりしています」 ONKYO/CP-1050 解像度もありつつ、アナログらしい音を味わえるのが特徴。超高級機種になると音像がくっきりしすぎて、レコードを聴いている感覚が薄れることもあるのだとか 実勢価格:4万5000円 寸法:450×158×367.5㎜ 重量:8.6㎏ 回転方式:ダイレクトドライブ
次のページ 
入門に最適な老舗国産メーカーの格安製品
1
2
3
DENON DP-300FSP

アナログに再チャレンジにも最適、エントリークラスながら本格設計のフルオート

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事