恋愛・結婚

【中国の壮絶婚活】35歳過ぎた未婚女は“妖怪レベル”

中国婚活

上海の外灘

日本でも結婚相手探しの闘いは激化しているが、中国のそれはさらに熾烈である。適齢期(20代前半~30代前半)の男女が2億人近くいて、そこに再婚組も加わる。テレビ各局がお見合い番組をつくり、1000人規模の婚活パーティは大盛況、婚活サイトも急成長しているという。

中国は一人っ子政策でもともと男が女より多いうえ、経済発展によって女が高学歴化してハイスペック男を求めるようになった。結果、国家規模でミスマッチが起こって、「剰男」「剰女」というあんまりな呼称の「あぶれた男女」が大量発生しているわけだ。

しかも中国の場合、「男=経済力」「女=若さ」という脚切り条件があからさまである。

女の場合、25歳から「剰女」の仲間入り、30歳で「難あり」。35歳以上は「斉天大剰」と呼ばれる。「剰」と「聖」の発音が同じことから、孫悟空の別称「斉天大聖」をもじったもので、つまりは妖怪レベルの扱いなのである。血族を大切にする中国では、子供を産める年齢の嫁でないと、親が許してくれないのだろう。

一方、男の側は、結婚前にマイホームを用意するのが慣習。大手お見合いサイト「百合網」を見ると、職業・年収に加え、家・車を持っているか、ローンがあるか、まで表示される。

さらに、出身地のしばりも“職業差別”も日本よりずっと厳しい。想像するだけで、婚活疲れでヘトヘトになる。

このストレスフルな婚活市場にマジで参戦してみたのが、中国に詳しいアラフォー女性ライター、つまり「斉天大剰」の田中奈美さんである(上記の婚活事情は、田中さんの取材による)。婚活サイトで出会ったトンデモ中国男たちから、格差社会の悲哀まで、渾身の体験ルポ・週刊SPA!1/10発売号「アラフォー♀記者が中国でマジ婚活をやってみた!」を一読いただきたい。「ああ、日本の婚活はヌルくてよかった……」と思うはずである。

文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!1/17号(1/10発売)

表紙の人/SKE48(松井玲奈・高柳明音)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事