エンタメ

クドカンが安眠を誘う『おやすみ日本』がスタート

おやすみ日本視聴者が眠れそうになるまで、番組も終わらない……。そんな試みの視聴者参加型番組が、宮藤官九郎らをメインMCに迎えて、今夜・1月9日(月)の深夜24時50分(日付は10日)からNHK総合テレビで生放送される。

番組名は、同局の早朝のニュース番組『おはよう日本』をもじった、『おやすみ日本』。番組内では、番組HPに寄せられた“眠れない声”を、宮藤官九郎、勝地涼、細野晴臣、ピース・又吉直樹ら出演者陣が紹介。夜中にふと襲ってくる漠然とした不安、学業や仕事、恋愛の悩みなどを、ゆる~く語り合い、視聴者が眠れそうな気分になったら、番組HPや地上デジタルテレビのデータ放送画面上で「眠いいね!」ボタンを押してもらう……という内容だ。

そして「眠いいね!」が目標数(現在選定中)に達するまで、番組は延長(最短の場合は26時50分まで)。なかなか視聴者からの投票が集まらない場合、早朝4時30分開始の『おはよう日本』に近い時間まで、放送が続くことも考えられ、宮藤官九郎も「次の日は仕事があるから、途中でボクが眠っちゃうかも」と宣言しているそう。

また、「まんが日本昔ばなし」の朗読で知られる、あの大女優による昔ばなしの朗読や、加藤あい、りょう、松雪泰子ら豪華女優陣が、癒しの声で「羊が一匹……」と数えてくれる「眠れる声の美女」のコーナーも予定。細野晴臣が視聴者を眠らせるために選び抜いた「眠いい音楽」もオンエアされる。

3連休最後の夜。気持ちよく眠りたい、そして宮藤官九郎に早く眠ってもらいたい……という人は、ベッドに入りながら視聴してみては?

取材・文/古澤誠一郎




おすすめ記事