ライフ

ひろゆき「炎上させても“誰得?”なのに」――大阪市の“無償で協力募集に非難の声”を不思議に思う

 ってのも、パソコン教室とかやってる事業者のなかには、うまく学校に入り込んで、きちんとパソコンを学びたい子どもに営業したりと、チャンスに結び付けられる人もいたりすると思ったりもするわけですし。 炎上させても“誰得?”なのに、炎上させる人が出てくる不思議 大阪市は予算を切り詰めなきゃいけないってのは周知の事実なわけですが、このプロジェクトがなくなってしまったら、子どもがプログラムを覚える機会もなくなっちゃうんですね。。。  ってことで、騒いで炎上させたり、クレームを入れたりで、プロジェクトを潰そうとする人たちは、何を得たくてやってるのかよくわからんなぁ、、、と不思議に思うんですよねぇ。。。 ※1 事業者が全て負う 人件費や消耗品費、教材費(電子機器貸与料含む)、交通費など、業務を遂行するために必要な経費はすべて事業者負担。さらに、事業実施物件の損害賠償責任も事業者が負うことになっている ※2 予算を切り詰め 大阪市の赤字は有名で、橋下徹氏が大阪府知事から大阪市長に鞍替えした理由のひとつにも、府と市の二重行政による無駄を廃止することがあった ※3 プログラムを覚える機会 現状のままで将来的に不足されるIT人材は、’20年に36.9万人、’30年には78.9万人。文部科学省も’20年から小学校でのプログラミング教育の必修化を検討している ※4 クレームを入れたり 募集によりブラック労働の被害者が出るとの懸念から、大阪市には「無償でいいのか?」などの問い合わせが入っているのだとか…… 【西村博之】 ひろゆきフランス在住、時々日本な40歳。元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人で米国の掲示板サイト『4chan』の現管理人。「こんにちは。寒くなると引きこもり率が上がるので、もともと性格的な引きこもり傾向がさらに高まっている感じの昨今です……」 撮影/根田拓也西村博之(にしむらひろゆき)’76年、神奈川県生まれ。フランス在住、たまに日本。2ちゃんねる・ニコニコの元管理人で、英語圏最大の掲示板サイト『4chan』現管理人。SPA!誌面にて11年間にわたり「ネット炎上観察記」を連載。近著に『自分は自分、バカはバカ』(SBクリエイティブ)など
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事