エンタメ

史上最年少で中原中也賞を受賞したら、怒っちゃった!?

文月悠光

文月悠光氏 撮影/山形健司

 09年、中原中也賞を最年少で受賞した女流詩人、文月悠光(ふづき・ゆみ)。

 現在は都内の大学に通っている彼女だが、2年前、故郷の北海道・札幌市で中原中也賞受賞の連絡を受けた直後、なぜか怒ってしまっていたという。

「賞をいただいたときはものすごく混乱してしまって、あまり覚えていないのですが、家族が言うには、受賞の知らせを聞いて、私、怒っていたらしいんです(笑)。もちろん、受賞は嬉しかったのですが、自分の生活リズムや気持ちを狂わされたのと、何より中原中也賞は『この人は天才だ!』と思うような憧れの詩人さんが取っていた賞なので、こんな突然降ってきたら困るというか……本当はもっと着実に、階段を上がっていくように、そこに届きたかったんです」

 その後、何かと「史上最年少」を強調され、戸惑っていたという彼女。だが、受賞から2年、現在はその心境も変わってきたそうだ。

「“若い詩人”と言われなくなる日のことをずっと考えているんですよ(笑)。10代でデビューした作家さんが10年後、20年後にどうなったかを調べると、すっかり名前を見かけなくなったり、自殺したりしていて! 私はそうなりたくないと思っています。でも、今は“若い”という看板を掲げて作品を発表できる恵まれた状況なので、それを利用して、私なりに詩の世界へ還元したいという気持ちはすごくありますね」

 さて、週刊SPA!1/17発売号の「エッジな人々」では、文月氏の詩に対する情熱が余すところなく語られている。さらに、書きおろしの新作短編詩も掲載されているので、ぜひチェックしてほしい。

文/SPA!編集部

週刊SPA!1/24号(1/17発売)

表紙の人/平山あや

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事