デジタル

中国版ツイッター“Weibo” AKB48のアカウントで中国語が学べる!?

 日本の「中国通」がこぞって注目する中国版ツイッターWeiboだが、英語以上にハードルが高いと及び腰になるのも無理からぬ話。しかし、中国語がわからなくても結構楽しめる。

「Weiboは、『mixi』でいうコミュニティ機能に似た“微群”という同好の士が出会いやすい工夫があります。“我日(日本語が好き)”などの微群もあり、そこを探せば日本語が使える中国人ユーザーも見つかります。何人かに声をかけてみれば、必ず応答してくれる人がいる」(中国系ニュースサイト「KINBRICKS NOW」管理人、高口康太氏)

AKB48

上部検索窓に「AKB」と入力し、さらに找人(人を探す)すれば各メンバーのアカウントが。中国語例文集として使える!

 また、こんな使い方もある。

「AKB48のメンバーもアカウントを持っていますが、彼女らは中国語と日本語併記でポストしています。ちゃんとした中国語なので、これを“例文”にすれば中国語学習に活用できます」(文藝春秋刊『中国・電脳大国の嘘』などの著書があるジャーナリスト・安田峰俊氏)

 もちろん、中国語でポストするのもオススメだ。

「確かに“嫌日”な人もいるけど、できれば外国人とコミュニケーションしたいと思う中国人のほうが多い。手間はかかるけど、中国語でポストすれば向こうが面白がってくれて、人気者気分を味わう機会も増えますよ」(高口氏)

 翻訳サイトも使いようによっては十分交流に役立つ。

「コツは、できるだけ一文を短くし、文法的に正しい日本語を翻訳すること。翻訳結果を再度日本語に翻訳して意味が通じるかチェックするのもいい。Weibo以外にも中国の婚活サイトや出会いサイトは日本人男性の人気も高く、思わぬ出会いがあるかもしれません」(安田氏)

 ただし、そこは注意も必要。

「OSアップデート、アンチウイルスソフトのインストールなどウイルス対策は徹底しましょう。登録時に使うパスワードも、日常的に使う他のWebサービスとは別のものにすること。スパム対策として登録用のメールアドレスを用意するのもいい」(高口氏)

 多少の手間とリスクはあるが、英語圏サービスとはまた違った魅力と面白さがある中国のWebサービス。まだ日本人ユーザー数も少ないので“アーリーアダプター”にもなれる。なにはともあれ、まずはWeiboから始めてみてはどうだろう?

Weibo単語集― 中国のSNS[Weibo]入門ガイド 【2】 ―




おすすめ記事