雑学

安いのにちゃんと美味しい「せんべろチェーン店」5選

 「せんべろ」という言葉が一般化したように、激安価格で簡単に酔うことは容易になった。どの駅前にも「全品290円」などを謳う激安チェーン居酒屋は存在している。この手の居酒屋チェーンは懐に優しいものの、正直なところ「安かろう悪かろう」であることも否めない。そこで、酒場案内人の塩見なゆ氏に「美味しい激安チェーン店」と楽しみ方を指南してもらった。塩見氏いわく「安いのにちゃんと美味しいチェーン店は増えている」という。

酒場案内人の塩見なゆ氏

 まず塩見氏が挙げてくれたのは「晩杯屋」だ。丸亀製麺のグループに入ったことでも注目を浴びている居酒屋チェーンで、常識を超えた安さとうまさが魅力。

「定番のマグロ刺身が200円、他にも季節に応じて市場で安く仕入れた旬のネタを150円~200円程度で提供してくれます。また、アジフライとコロッケのセットや、ボリューム満点の磯辺揚げなど、お腹にたまる揚げ物も多く、注文を受けてから調理してくれるのでアツアツ。かなり美味しいですよ。晩杯屋は武蔵小山が本店ですが、都内・神奈川県で30店舗近く展開。特に秋葉原店は140席もある大箱で、おそらく千代田区で一番安くゆったり飲める店と言えるでしょう」

晩杯屋

丸亀製麺を運営するトリドールHDの栗田社長は、2019年までに晩杯屋の国内200店舗展開を掲げる

 塩見氏いわく、安さの秘訣は、上野のコンセプト店を除き全店で肉を置かずに魚に食材を絞っていること。そして、社長が築地のサプライヤーとして働いた経験から、仲買の身になった仕入れ方をして信頼を構築。築地で食材を買う力が安さの鍵になっているとのこと。

こんなに頼んでもたったの約2000円

 次に紹介する「じぃえんとるまん」は神奈川県内で飛ぶ鳥を落とす勢いの激安立ち飲みチェーンだ。

「上大岡を中心に京急沿線に出店するご当地せんべろチェーンです。マグロ料理の種類も豊富ですし、鉄板焼きやピザなど、個性があるおつまみを揃えています。大びんが390円とリーズナブルなのもいいですね。キャッシュオンスタイルなのでうっかり飲みすぎることはないですが、楽しくて美味しいのでつい予算オーバーすることも(笑)。女性だけのグループもよく見かけるほど、明るく清潔感のある店内です」

 安さの秘訣として塩見氏が注目しているのは、回転率の良さ。

「常に多数のお客さんが入ることによる薄利多売方式ではないでしょうか。また、出店立地も、上大岡と桜木町店は駅からやや離れ、他の店舗も主要な飲み屋街ではない駅前に出店し。家賃コストを重視しているように思えます」

 お次は、有限会社飯田が展開する「アルプス」「竹ちゃん」「やまと」。

「名前は違いますが、系列店ですね。どのお店もビール・ハイボールが何杯飲んでも180円です。たまに『ビールが薄い』などの口コミを見かけますが、そんなことありません。鮮度の良いサッポロ黒ラベルが飲めます」

 ただし、料理は「激安」ではないそう。

「お通しが430円とやや高く、一人1品の注文が必要。料理は標準的な居酒屋価格なので、料理控えめでお酒たっぷりで利用する人がもっともお得でしょう。宣伝に一切コストをかけず、オープン時に1杯80円など価格で強烈なインパクトを出し、あとは口コミで人を呼ぶ方式を取っていると思います。また、居抜きの出店が多くどの店舗もハコが非常に大きいのも特長。大箱が多く、予約なしでもたいてい入れます。私も人数の多い宴会で料理をあまり頼まない前提で利用しています」
次のページ 
銀座にも激安居酒屋が!

1
2




おすすめ記事