選挙活動というより、ほとんど犯罪!! あなたのポストも・・・

ポスティングをめぐる裏稼業

これは選挙活動というより、ほとんど犯罪!! あなたのポストも……

 何でもアリの選挙戦では、トンでもない裏稼業も存在する。友人候補者の選挙ボランティア経験者(29歳・♂)は、過去に遭遇した裏稼業についてこう語る。

「公示前の政治活動期間には、政策集などを各戸にポスティングできるんですが、対立候補のビラを抜き取るバイトがあるんです。うちの地域では、当時1部30円で牛乳配達所や新聞販売所が請け負っていたようです」

 牛乳や新聞は人通りの少ない早朝、季節によっては暗い時間に配達される。彼らならポストに触れる機会も多く、万が一ビラを抜き取る場面を万が一目撃されても、「配達」とごまかすことができる。

「選挙の世界では『ビラは昼にポスティングしろ』というらしいんですが、初めてのボランティアの僕らはその鉄則を知らなかった。公示前に支援者から、『ビラが入ってないぞ』という知らせがあって、初めて抜き取られていることに気づいたんです」

 深夜営業の居酒屋に勤務していた彼は、閉店後の帰宅途中、早朝4時ごろにポスティングしていたという。

「僕の担当エリアだけ見事に抜かれていた。悔しくて、現場を押さえようとしたけど、周囲に『現場を押さえるのは難しい。妙な火種になって、選挙戦が不利になる可能性もある』と止められました」

 抜きつ抜かれつという熾烈な選挙戦は、まっとうな政策で競ってほしいものである。

― 本当にあった[選挙活動]爆笑事件簿【5】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事