恋愛・結婚

港区で開かれた「パパ活」シークレットパーティに潜入してみた…

パパ活をしている男女30人が集まり、シークレットパーティが港区内のメゾネットで開かれた

 11月の金曜夜、港区のマンションに男女30名が集まった。そこには、約300人の応募女性の中から選び抜かれたハイクラス美女15名と、年収1500万円以上で彼女たちの“パパ”候補となる男性15名がいた。パパ活アプリ「Paters」(ペイターズ)が主催するシークレットパーティの参加者たちで、記者も取材のために潜入したのだ。

 パーティは港区の某駅からも近いマンションの一室のメゾネットで開催された。上階にはムード満点のVIPソファ席があるほか、ルーフバルコニーからは六本木ヒルズや東京タワーも見え、BBQもできるらしい。しかも、怪しげにライトアップされたユニットバスまで! 今宵、どんな美女がやってくるのか、いやがうえにも期待は高まってくる。

パパ活シークレットパーティ

怪しげに光るユニットバス

 19時を前に、徐々に参加者が集まってきた。友人同士で来ている子はいなく、当初は女の子同士で話しているだけで男女間の会話はほぼゼロ。ところが、19時になって乾杯の掛け声とともに空気は一変した。

 男性陣から積極的に女の子に話しかけ、女の子たちもそれに応じ、それぞれ場所を移動。ダイニングテーブルに座って料理を楽しむ男女4人、上階のバーカウンターでしっぽり飲む二人組み、VIPのソファでくつろぐ集団、港区のビル群が見えるテラス席で談笑する男女など……。

 パーティに来ている女の子たちは、有村架純似の24歳OL、北川景子似の都内有名女子大に通う21歳の学生など、Sクラス美女ばかり。なかには、シングルマザーのため稼ぎが不安定だと悩む20代中盤のワケあり美女も。ちなみにこの日一番人気だった子は、白いレースのブラウスに白のロングスカートと、純白に決めていた23歳のOL。石原さとみ似の清楚系美女の彼女はパーティ会場内でも一際輝いており、常に複数の男性が周りを固めていた。

 より好条件で相性の合う“パパ”を探そうと女の子たちも積極的で、パーティ終盤には、息の合う者同士でカップルが形成されていった。21時になりシークレットパーティが終了するやいなや、条件交渉が成立したのか、手をつないだ二人組が続々と六本木や西麻布方面に消えていった。ちなみに記者は、パーティ中盤に一人寂しそうに立っていた26歳OLに声をかけ、知り合ったばかりの男性2名と女性2名に合流。6人で盛り上がり、シークレットパーティ終了後は六本木のシーシャが吸える店に移動した。

 後日、LINEを聞いていた参加者の女の子からは、「いい“パパ”が見つかって、今度ご飯に行く約束だよ」という連絡があった。シークレットパーティで、“夢を追いかける女性”と“応援する男性”が見事にマッチングした夜となったようだ。

<取材・撮影/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事