雑学

男の下半身はツルツルがモテる! 身だしなみ最新事情2018

今、男性による下半身の毛の処理が広まりつつあるのをご存じだろうか? 一度やってみるとメリットの多さに、習慣化する男性も多いという。男の身だしなみトレンドを先取りせよ

男の「アンダーヘアケア」はエチケットになる!


アンダーヘア 毛深さが男らしさの象徴であったのも今は昔。下半身の毛の処理をする男性が増えている。

「サッカー日本代表として活躍するスタープレーヤーたちが欧米のエチケットに合わせて下半身を剃毛する影響で、男性の間で抵抗感がなくなってきている」と語るのは、男性専門の総合美容を手がけるゴリラクリニックの総院長・稲見文彦氏。’17年の同クリニックにおける脱毛の患者による売り上げは、すでに前年比1.8倍だという。

 また、ブラジリアンワックスによる脱毛を行うQueen’s Wax新宿店の店長・石井美早氏も、「もともと女性のお客さまが多かったのですが、ここ1年ほどで男女半々ぐらいの割合になってきた印象です。男性のほうが一度味わうとやみつきになる場合が多い」と話す。

 こうした風潮を受けてか、男性向けの剃毛機器も注目を集めている。’17年5月にパナソニックが発売した、下半身の手入れもできるボディトリマー「ER−GK60」は、’17年12月現在で累計6万台超の大ヒットを記録している。予想の2倍以上の売り上げを記録し、同社の商品担当・田中信行氏は「企画段階では欧州がターゲットで国内では売れないという社内の意見が大半でした」と驚きを隠せない。

ER−GK60

ER−GK60

 この背景には、女性側から男性の下半身の毛の処理を求める意見が多いことが挙げられる。女性100人を対象にした独自調査では、すね毛やギャランドゥ、陰毛といった下半身の毛は「嫌い」とする人たちがいずれも80人近くに達するという結果に。回答として「毛深すぎるのは好きじゃない」(20代女性)といった率直な声や、「女性と同じく男性もパイパンにすべき!」(20代女性)という主張もあり、男のモジャモジャな下半身を苦手とする意見が目立つ。

 こうした声を反映してか、男性100人への調査によれば、陰毛は13人、ギャランドゥは14人と、すでに処理を始めている人も意外といることが判明。’18年はツルツルの下半身男が絶対にクル!

【稲見文彦氏】
ゴリラクリニック総院長。大手美容形成外科で約11年間、多数の研修医、新人看護師の育成に携わる。丁寧な指導と朗らかな人柄には定評があり、稲見氏の執刀による施術を希望する声も多い

【石井美早氏】
Queen’sWax新宿店店長。ワックス協会上級認定講師。「Queen’s Wax」は毎月500人以上の男性を施術しているワックスサロン。新宿店は10~23時。池袋、渋谷店舗もあり。brazilianwax.co.jp/

【田中信行氏】
パナソニック・ビューティ・ヘルスケア商品課。メンズグルーミング製品などのマーケティングに関わる。ボディトリマー「ER-GK60」の想定以上の売り上げで、夏場は一時品切れ状態に。商品供給に苦労した

― 男の下半身はパイパンになる! ―





おすすめ記事