雑学

“キノコの味噌汁”は大麻よりもトベる!? 大麻常習者が行き着いた境地

 今、若者たちの間で大麻の使用者が急増中だ。法務省の『犯罪白書』によれば、大麻取締法違反による検挙者数は’09年のピーク(検挙人数3087人)後に減少したかに見えたが、’14年からその数は再び急増している(’16年の検挙人数は2722人)。ベテラン愛好家に比べると罪の意識も薄く、おおっぴらに大麻を使用する彼らだが、その多幸っぷりを明らかにしていこう。

キノコ

※写真はイメージです。

野生のキノコで悟りを目指す男


 大麻を極めると、よりオーガニックな快楽を求めるようになるタイプの大麻愛好家もいるそうだ。金井健介さん(仮名・25歳)もその一人。

「ベトナムでマジックマッシュルームを食べて瞑想している人を見たんです。彼は『曼荼羅を理解できるようになる』と言っていて、大麻を吸って思考することが好きだった自分も、興味を持って食べたくなったんです」

 仕事で昨春から沖縄に住んでいる金井さん。秋に初めて牛糞から生えるキノコを探しに出かけた。

「意外とそこらじゅうに生えてました。採集したマジックマッシュルームを洗ってから調理し、オムレツや千切りにして食べてみたんですが、驚くほど“飛べた”んです」

 さまざまな調理法を試し、たどり着いたベストな食べ方はキノコを具にした“味噌汁”だったという。

「初めて味噌汁を作ったんですが、あんなに人生について深く考えられるようになる味噌汁を僕は食べたことがない。大麻と違ってキノコは、より深く人生について考えられるんです……」

※大麻所持は大麻取締法違反となり、5年以下の懲役(営利目的の場合は7年以下)という量刑の犯罪であり、サイロシビン又はサイロシンを含有するキノコは「麻薬、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」により規制されている麻薬原料植物で、マジックマッシュルームが原因と疑われる死亡例も。絶対にマネをしないでください

― 若者に大麻が復活している! ―




おすすめ記事