ライフ

気軽に「LINE教えて」はNG! 20代女子にとって、LINEは簡単に教えたくないものだった

LINEの聞き方から、文章の送り方まで……。4年の間に大きく様変わりしていた! 女性ウケするスタンプを探しているとしたら、視点がズレてるぞ! 数年で大きく変わった若者の常識を、流行の最先端を行く20代女性121人に調査。SPA!が作成した非モテ男の勘違い行動をご覧いただこう。

「写真送るよ」作戦もグループもNG!

 かつては気軽に聞ける連絡先として交換されていたLINE。だが、今や「簡単に教えたくないもの」になっていた! 「『写真撮って送ってあげるからLINE教えて』なんて手口でいけると思ってる男が多すぎ。今はAirDropで交換できるのでその作戦は通じません!」(27歳・アパレル)とバレバレだ。
airdrop

写真交換はAirDropが主流に

「男性は写真を撮るのが下手な人が多いし、撮った写真がどんな扱いをされるかわからない。LINEを教えるのは今後も関係が続きそうと思う人だけ」(官庁勤務経験のあるライターのマドカ・ジャスミン氏)  飲み会や合コン後の定番、グループ作成もいまや敬遠の対象に。

グループに勝手に入れないで!

ライン抜け

グループを抜ける女性は珍しくない

「合コン後に男性しかグループに参加してこなかったという悲劇がよく起きています」(元証券会社営業マンのプロ合コンコーチであるアモーレ石上氏)と、その嫌われようは明らか。  また、気軽に教える派という女性もいたが、「断るのがめんどくさいからその場では教えるけど、あとで即ブロックする」(23歳・事務)という驚きの実態が。  今や、LINEを教えてもらっても安心できないという時代に突入。女性としっかり話して仲良くなってから個別にLINEを聞く、というかつての電話番号交換のようなスタイルを取る必要があるようだ。 LINE【マドカ・ジャスミン氏】 ライター。あまたの男性と飲み交わした経験から恋愛に関する知見が豊富。現在はウェブメディア「AM」「MTRL」などで体を張ったライター活動を行っている 【アモーレ石上氏】 プロ合コンコーチ。20年間2000回の合コンで交際した女性の数は100人以上! 近著に『下剋上恋愛のプロコーチが教えるモテる戦略:女を「その気にさせる」話し方、行動術』(王様文庫) ― 非モテ男の[勘違い行動]ランキング ―





おすすめ記事