恋愛・結婚

メイドカフェ店員の裏の顔…ホスト狂いで援交に走る女性も

「めいど○ーみん、めいど○ーみん、夢の国で遊び~ましょ♪」

 JR秋葉原駅の電気街口を出ると、どこからか聞こえてくる音楽。中央通りを正面に富士そばを曲がれば「ご主人様、メイドカフェはいかがですか?」と、今日もメイドちゃんがお散歩という名の客引きをしている。

 かつて、筆者はとあるメイドカフェで働いていた。夏は熱中症になりかけ、冬は雪が降っていても薄手で客引きに出され、誰が何人お客さんを連れてきたかとメモらされる日々にうんざりして辞めてしまったのだが……。

メイド

当時の筆者と同僚(いかにもやばそうな雰囲気が……)

 お店の環境もひどいもので、休憩をとるロッカールームはメイド10人に対して3畳ほどの小部屋。換気もロクにされていない。心休まらない中でも笑顔を振りまくメイドたちのお給料は時給1000円程度だった。

 都内の飲食店でのアルバイトと考えると、給料は相場だが、お客さんに過剰な愛想をふりまき、チェキを撮り、ご飯に魔法をかけつづける……それなりに覚悟はしていたものの、想像以上にブラックなお給仕(メイドカフェではお仕事のことを“お給仕”と言います)に対しては正直割が合わない。普通のコたちは早々にメイドの幻想から覚め、ほとんどが自ら辞めていく。

 しかし、過酷な労働環境に耐え、クビになるまでお給仕を続けるメイドたちも中にはいる。そんなタフさの裏には“闇”が隠れていることが多い。そこで今回は筆者が出会った、一風変わったメイドたちを紹介していこう。

援交、ホス狂い、リスカの三重苦 ツインテールのメンヘラメイド


店の外でもこのスタイルだった

 筆者がメイドカフェで働きだした頃の同僚に、黒髪ツインテールに赤いリボンを巻いたメイドちゃんがいた。ルックスはとても可愛らしいのだが、どこか闇が深そうなオーラを放っていた。

 彼女と少し親しくなったある日突然、「お金がなくなるとどうしてもおじさんに頼ってしまうんだよね」と打ち明けられた。

 よく話を聞くと、メイドカフェのお客さんでもあるおじさんとお給仕後に援交をしているとのこと。なぜそこまでお金が必要なのかを問いただすと、メイドカフェの給料がそこまで高くないことも原因の1つではあるが、実はホストにハマっていると教えてくれた。好きなホストに会うために、おじさんに体を売っているのだという。

「でも、ふとベッドの隣に彼氏でもない人が寝ているのを見ると、私、何してるんだろうと思ってしまう」

 気づけば自らの体に傷をつけるようになっていた。中には彼女の援交を止めようとするメイドもいたが、ホスト通いはやめられず、お金が足りなくなって援交、そんな自分にげんなりしてリストカット……の繰り返し。

 日に日に増えていく手首の傷を店長が発見し、このままではお客さんの前に出せないと、彼女はメイドを解雇されてしまった。それから彼女には会っていない。筆者もそのメイドカフェを辞めて3年ほど経つが、極たまに秋葉原や池袋で赤いリボンを付けた黒髪ツインテールの女の子を見ると、当時のことを思い出す。

次のページ 
先輩メイドの正体

1
2





おすすめ記事