恋愛・結婚

「女性の気持ちがわからない」男性が、今すぐ使える「3Kの法則」

 こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。今回は女性の気持ちがわからなくて悩んでいる男性にとって、突破口となるコミュニケーション術をお伝えさせてもらいます。

先日はSPA!創刊30周年記念の「スナックSPA!」で一日ママを担当させていただきました!

 女性が結婚相手に求める条件として、バブル時代はよく「3高」、「高身長・高年収・高学歴」と言われていたようです。そして、現在は「価値観が合う・金銭感覚が合う・雇用形態の安定」の「3K」が、女性が相手に求める条件になってきています。

女性の「見た目」にこだわる男性は結婚できない


 では、男性が女性に求める結婚相手の条件は何でしょうか? かわいい、きれいなど「見た目」の部分を挙げる人が多いですが、婚活を進めていくと、「結婚生活を一緒におくる上で大切なのは見た目ではない」ということに気づく瞬間があるようです。

 実際、私の結婚相談所で活動していた会員男性も、入会当初は「見た目」へのこだわりが強く、私も頭を抱えたときがありました。しかし、無事に結婚をしていった男性のほとんどが、「見た目以外の魅力」に気が付いてから、一気に婚活がスムーズに進んでいきました。

 男性の多くが結婚相手に求める条件も「3K」だそうです。こちらは「価値観が合う・気立てがよく思いやりがある・家事能力がある」とのこと。

 以前と比べて、男性も女性もにスペックよりも本質的なところで合致する人を求める傾向にあります。そして、本質的な目に見えないところで合う人を求めているということは、男女ともにコミュニケーション能力を上げることがとても大切になってきています。

価値観が合う人を探すのでなく、同じ価値観を育む


 特に男女ともに結婚相手に求める条件で挙げている「価値観が合う」というのは、一瞬ではわからないこと。人の価値観のベースには家庭環境が大きく関係しています。さらに学生時代などの育った環境、友人関係、恋愛経験など、その人の歩んできた道が現在の価値観になっています。

 そのため、実際にぴったり合う価値観を持った人と出会うのは、この地球の海の中で、針一本を探すくらい難しいこと。

 なので、ぴったり合う価値観の人を探すのではなく、「2人の価値観を育てあいたいと思える相手と出会い、一緒に育んでいく」のが最善の方法です。

 そして、価値観を育てあいたいと思える人と出会うために大切なことは、「出会ってからどんなコミュニケーションをとるか」だと思います。

次のページ 
女性の気持ちを理解するために「3Kの法則」を

1
2
ハッシュタグ




おすすめ記事