ライフ

元在宅アイドルが語る、ライブ配信の本音「ストレスが尋常じゃなかった」

ブロガー、インフルエンサー、YouTuber……「インターネットで稼ぐのが当たり前の時代」といえど、勝者はほんの一握りといわれる。そこで大多数の負け組たちが、ネット副業の地獄をとくと語った。
ネット副業は生き地獄だった

写真はイメージです

元在宅アイドルが語る「収入よりストレスが甚大」

 現在、ニコニコ動画などで活動中のタレント・めむたそチャン(24)は、在宅アイドルとして有料配信していた頃をこう振り返る。 「あの頃のストレスは尋常ではなかったです。ウザいリスナーの話も拾ってあげなきゃいけないし。でもある日、あまりにイラついてリスナーに『もう来なくていいよ』って言っちゃった(笑)」  在宅アイドル時代には、さまざまな義務や制約が課されていた。 「その月に最も課金してくれたファンのページにコメントや足跡を残す。また、課金額によってリアクションを変える。高額な課金をしてくれた場合、数分間はその人のために捧げる、またはニックネームをつけてあげるなどでしたね」  それなりに稼いでいたが、半分以上は配信先とオーガナイザーに取られるため、時給にすると1000円程度だったという。 「アンチのストーカーや攻撃がひどく、ツイッターを2回ほど凍結されたことも。時給1000円でやる仕事じゃないですよ。結局、私は向いてなかったのかも(笑)」 【めむたそチャン】 タレント。母と一緒に飲食店を出すため「Kanatta」にてクラウドファンディングを実施、cafe&barの開店準備中。twitter「@memutaso2525

― 負け組が激白[ネット副業は生き地獄]だった! ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事