デジタル

スマホの「実質0円」と「一括1円」 どっちがお得?

日常生活で必ず使うことになるあらゆるお金を削減する“守り”の裏技。情報強者が手の内を明かした目からウロコのコストカット術を駆使してお得に生きよう!

スマホ

買うべきは“実質0円”より“一括1円”!スマホの機種代が5万円お得に


 複雑な価格設定が多いスマホ代。店舗には“0円”と書かれたポップがいくつも並んでいるが、それに飛びつくのは情弱の極みだ。真に得するため、注目すべきは“実質0円”ではなく“一括1円”というキーワードだという。

 スマホなどの転売とライターを兼業する山野祐介氏は「“実質0円”と謳って宣伝されているケースは実際0円ではない」と語る。

 これは分割支払金から機種につく割引の“月々サポート(auの場合は毎月割、ソフトバンクの場合は月々割)”が相殺され、実質0円になるという購入形態。しかし端末代金を払っていることは変わらず、これは単なる定価購入でしかないのだ。

一括1円 一方、“一括1円”のスマホは機種代金をほぼ払う必要がない。だが、山野氏は「一括1円でも安心はできない。くせものなのが“購入サポート(ソフトバンクは一括購入割)”の存在」だという。

「購入サポート付き一括1円の場合、確かに端末代金を支払う必要はないですが、毎月の割引である月々サポートは適用されず、フルに月額料金を払う必要がある。それに短期解約をすると高額な違約金がかかり、かえって高くつくこともあります」

次のページ 
本当にオトクな商品は?

1
2





おすすめ記事