エンタメ

カリスマ女子高生からコンビニ店員まで…フォロワー20万〜90万人のTikTokerたち

 10代を中心に流行しているSNS「TikTok(ティックトック)」。様々なフィルターやエフェクト、ユニークな音楽を使って編集した約15秒のオリジナルビデオを、友人とシェアできるショートムービーアプリで、HIKAKIN、りゅうちぇる、古川優香といった多くのインフルエンサーや著名人が活用していることでも知られている。

 2016年9月にローンチされたばかりだが、すでにテレビなどで活躍する有名人が多く利用している一方、TikTokでの活動がきっかけとなり人気に火がつくというパターンも少ないようで、人気TikTokerやTikTokを運営しているBytedance株式会社には、芸能事務所などからの問い合わせが増えているといった話もある。

TikToker

画像は、YouTubeの「Eri Mari Channel」より

 そこで今回はTikTokをきっかけに生まれた新たなスターや、人気が急上したインフルエンサーたちを紹介していこう。(フォロワー数は2018年8月現在)

業界が注目する美人カリスマ女子高生姉妹@Erika・@Marina

TikTok ID: 57541120

 ルーマニア人の母と日本人の父を持つハーフの女子高生姉妹エリカとマリナは、TikTokで注目を集めたことがきっかけとなり、6月発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)で水着グラビアデビューを果たすなど、各方面で注目を浴びている。

 マリナは4月発売の『月刊サイゾー』(サイゾー)のインタビューで、「スマホ持ち出したのが小学2年生くらい」、「友達とTikTokを見ていたら、その友達がモデルごっこが好きで、一緒に撮ろうということになって始めました」と、TikTokをはじめたきっかけを語っており、また『モデルプレス』(ネットネイティブ)の2人のインタビューではエリカが、「お母さんもTikTokやってるんですけど、2万人くらいフォロワーがいる」、「マルチに活躍できるタレントになりたい」と話している。



 女性向け動画メディア『C CHANNEL』専属クリッパーにも就任しており、TikTokでのフォロワーはエリカが36万人、マリナは50万人。きゃりーぱみゅぱみゅなどが所属する「芸映」と、芸能プロダクション「legaro agency」が共同マネジメントし、YouTubeチャンネル「Eri Mari Channel」では企画系動画などにも挑戦している。

ネタ系動画で人気、実はかなりカワイイ説も@べろんちゅ【危険捕食生物】

TikTok ID: 118481338

 バッチリメイクをして、カワイイ・キレイな女のコたちが多く活躍しているTikTokだが、逆張りの精神で異色の存在感を放っているのが@べろんちゅ【危険捕食生物】だ。

 Twitterプロフィールには「TikTok界の女神」とあるが、TikTokでの動画にはスッピン・ノーメイク&部屋着と思しき姿で登場し、『ラブライブ』や『リゼロ』といった人気アニメのポスターやグッズにまみれた部屋でのキレキレのダンスを、変顔連発で披露するというものが多い。


 TikTokのフォロワーは44万人とその人気は絶大。現在21歳でコンビニ店員〔週5勤務 7時間労働〕をしているといったプロフィールもツイートで公表している。『ラブライブ!』では高坂穂乃果推しとのこと。事務所などには所属していないようだが、オフ会を開催するなどリアルイベントにも積極的なようだ。ツイキャスでのライブ配信も頻繁に行なっている。

次のページ 
元気いっぱい・息ぴったりの動画で“ゆずこあ隊”急増中@めずこあ

1
2

ハッシュタグ




おすすめ記事