[クチコミサイト]こうやってヤラセレビューができる

【証言1】
こうやってヤラセレビューができる

クチコミサイトにはヤラセがあるという噂が絶えないが、ついにその”工作員”の証言が取れた。まずはショッピング系の口コミサイトで、約100件のヤラセレビューを書いていたという29歳のサラリーマンの話から。

「そのサイトは、ゲームや資料請求をするだけで換金可能なポイントが貯まるので、1年間で3万円を換金できるほど利用していたんです。ある日、商品レビューを書いてもポイント付与されることを知って。実際には使っていなくても商品のサイトを見れば効果がわかるので、それを参考に書いたら、すんなり採用。しかも、僕のレビューを見て誰かが商品のリンクに飛べばさらにポイントがつくので、『これはオイシイ!』と、毎日のように書いてました(笑)」

 また、31歳の販売員は、広告代理店に勤める妻に頼まれて、美容系のクチコミサイトでダイエット茶のヤラセレビューを書いたとか。

「飲んでないんですけど、味を想像して書きました。代理店は賞賛レビューが多いほどメーカーの評価が上がるので、代理店の社員が書くのは日常茶飯事らしいです」 

 使ってない商品をここまで書いている人がいるとは驚く……。一方、地域サイトのクチコミ欄もヤラセレビューの温床になっている。

「友人が経営するバーが、地域のクチコミで度々評判になってたので伝えたら、『あれは僕一人で複数のアカウントを使って書いたんだ』と」(31歳・♂・SE)。

 かくして、工作員は増え続ける。

― 人気の[クチコミサイト](裏)白書【3】 ―




おすすめ記事