恋愛・結婚

「バーチャル・フェラチオ」をWeb上で売る女性たち…世界で広がる新・性産業

 まるで有名ユーチューバ―が動画をユーチューブにアップして稼ぐがごとく、「フェラチオのデータ」をウェブ上にアップロードすることで不労所得を稼ぐという、セックスワークの概念を根本から変えるような事態が世界で進行している。

「カムソーダ」のサイトより

 VR元年の2016年、VRポルノが日本でも話題を浴びていた頃、ポルノ視聴者の視覚的興奮だけではなく直接下半身を興奮させるデバイスが誕生していた。

 この年の11月に、米国・英国を拠点にするウェブカムサイト、「カムソーダ」(CamSoda)がウェブ上にアップロードされた“フェラチオ”をダウロードできるサービスを開始したのだ。その名は「ブロウキャスト」(Blowcast)。このサービスは“ iTunes of Blowjobs” (フェラチオのiTunes)とも形容されている。

「ブロウキャスト」では、WebCamモデルがディルドを模したデバイスでアップロードしたフェラを視聴者がダウンロードし、「ブルートゥース接続されたオナホール型のデバイス」でそのフェラを実際に体験するのだ。つまり、デバイスさえあれば何処でも、いつでも気軽に、いろんな女性からフェラチオを受けることができてしまうわけだ。

 この2つのデバイス、本来は離れ離れにならざるを得なかった遠距離カップルに向けたもので、それぞれのデバイスで感覚を記憶させ、遠隔セックスを楽しむものである。オランダのアダルト玩具メーカー、KIROOが開発したもので、ブルートゥースを搭載し、ディルド型は100ドル、オナホール型は149ドルから購入可能である。

「ブロウキャスト」を楽しむためには、もうひと手間とお金がかかる。まずはネットアプリと連動する「テレディルドニック」(Teledildonic/米国Amazonサイトから約$230で購入可能)というデバイスを入手し、「カムソーダ」の「ブロウキャスト」のサイトから専用アプリをQRコードからダウンロードし、ブルートゥース接続するのみである。

 英国在住でポルノグラフィを研究している女性研究者の小高麻衣子氏はこの「ブロウキャスト」を女性の目線から評価する。

「これは女性にとっても画期的な発明と言えます。実際に男性に接触せずに、お金を稼ぐことができますから。もちろん、賛否両論はあるとは思いますが、実際の対面肉体労働を伴わないという面で、さまざまなリスクの削減になると思います。それこそ、将来的に女性向けのサービスなんかもできるといいですよね」

 WebCamモデルのフェラチオは$1から購入可能とのこと。短期決戦型から約20分以上に及ぶものまである。また、それぞれのフェラチオはSNSの如くレート・フォロー可能であり、また人気のモデルとは実際にWebCam上で接触できるのだ。

 バーチャルなセックス産業が今後、どのような進展を見せていくのか。注目である。

取材・文/June

ハッシュタグ




おすすめ記事